【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

どうも!さちおです。

おうちアイスコーヒーに続きまして、今回は『おうちで美味しい黒烏龍茶を入れたいよー』というお話です。

脂っこいものを食べた後は黒烏龍茶ですが、普段から飲むようにすることでダイエット効果も期待できるそうなので取り入れたいなと。

黒烏龍茶は、サントリーさんから出始めの頃からずっと愛飲させていただいているのですが、やはり1本160円/350mlは高いなと。

Amazon.co.jpでまどめ買いすると1本125円/350ml↓↓↓

これをどこまで節約できるかというのにチャレンジです。

まずは、黒烏龍茶の茶葉を楽天市場で人気No.1のお店で購入↓↓↓

 

100g×2袋で1000円(送料無料)です↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

注文してすぐ到着しました。

アップ↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

裏面↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

アップ↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

急須、やかん、水出しの分量目安、作り方が書いてます。

助かります!

そして中身↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

いたって茶葉。

まずは、『水出し』で作ってみようかなと、うちにあったリーフ ティージャグ↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

スーパーとかで売ってる安いタイプ。

本体がプラスチックなので、匂い移りなどが気になる方は『HARIO(ハリオ)』がオススメです↓↓↓

耐熱ガラス製だけど容量少な目。

そして、『水出し』なので、2.2リットルに対し茶葉を多めの約30g↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

大抵、「薄いな」ってなっちゃうパターンなので濃い目です。

水出し茶ポットの中央の籠部分に茶葉をin↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

目安はこれくらい↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

お茶の場合、アイスコーヒーみたいに上から水を入れて待つ必要が無いみたいなので、水→茶葉↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

これで一晩置いてみます。

ちなみに、残った茶葉はしっかり密封保存できる仕様↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

そして一晩たったものがこちら↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

薄い。。。

『黒烏龍茶』というより『麦茶』的な色だなと。

とりあえずコップに移してみる↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

飲んでみる↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

やっぱり薄いし、全然『黒烏龍茶』っぽくないので、もう一晩そのまま置いてみます。

で、約2日置いた色がこちら↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

あまり変わってない。。。

試しに、サントリーさんの黒烏龍茶と比較↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

麦茶な色ですね。

調べてみると、『あまり長く茶葉を入れっぱなしにしておくのは良くない』らしいです。

やり直し。

次は茶葉の量を40gに増やしてチャレンジしてみます↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

で、一晩たったものが↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

濃くなった!!

サントリーさんと比較↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

やっぱりまだ薄いなと。

味、香りはかなり良い感じになってきたのでもう一息かなと。

ちなみに、前回との比較がこちら↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

濃くなってます(当たり前)

で、このまま茶葉を増やせば良い感じがするのですが、コストがかかってしまうので違う方法を試してみます。

まずは前回と同じ茶葉40g↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

ここにお湯を注いで↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

約1分蒸らしてみます↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

蒸らしたものをin↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

どうやら、この『蒸らし水出し』が良いらしいのでやってみたのですが。。。。

結果変わらず。

蒸らしても蒸らさなくてもあまり変わりはありませんでした。

と言うわけで、次は『煮出し』にチャレンジしたいと思います。

今回は、最初の茶葉30gでチャレンジ↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

元々、この量でも『多め』だったはずなので大丈夫かなと。

煮出しの方が濃く出るらしいので期待です。

先日購入したお洒落で便利な『ノルディカ フラットケトル』さん↓↓↓

【北欧風やかん】ノルディカ フラットケトルがお洒落で便利さMAX

【北欧風やかん】ノルディカ フラットケトルがお洒落で便利さMAX

始めに、水道水(やや浄水)を沸騰させた状態から弱火で8分間カルキ抜きします↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

そこに茶葉30gを投入↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

そして、そのまま弱火で2分間煮ます↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

で、2分経ったものがこちら↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

薄いじゃん!!

と言うわけで、追加で3分煮たものがこちら↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

おっ!?

水出し40gよりちょい濃い目な感じになりました。

味も香りも苦みも良い感じになったのでこれが限界かなと。

とりあえず茶葉を外して冷蔵庫に入れられる温度まで冷まさないといけないのですが、ここから急激に冷ますとケトルがヤバいかなということで、鍋敷きに置いて約1時間、その後に常温の水道水をチョロチョロ足しながら冷ます戦法で1時間冷まして↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

冷蔵庫にin↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

『ノルディカ フラットケトル』さんの便利さ☆

そして一晩置いたものが右↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

左が蒸らし煮出しver。

かなり良い感じなのですが、やはりサントリー先輩(左)にはかなわないなと↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

それ以前に、なんか濁ってて美しくないぞと↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

どうやらこれは普通の状態らしいです。

ちなみに、『ノルディカ フラットケトル』さんは茶こし付きですが、細かい茶葉は通してしまうので、さらに細かい茶こしが必要になります。

そんなときは、ポットの網部分を利用すればOKかなと↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

ここを通して移せば綺麗にチャージできます↓↓↓

【夏の節約術】おうちで美味しい黒烏龍茶を水出し・煮出し比較しMAX

ノルディカさん1回で、ポット半分くらいですね。

ノルディカさんは2.3リットル仕様なのですが、煮たたせる場合はお湯を入れ過ぎるとあふれてしまうのでこれくらいかなと。

同じことを2回繰り返せば満タンチャージできるというわけです。

とりあえず今回はこれくらいが限界かなというわけでコストの計算です。

今回は『煮出し』の場合の算出になります。

茶葉 200g・・・1000円
ケトル・・・4752円
ポット・・・850円(カウントしなくてもいいかも)
÷(30gで約1.2リットルなので8リットル)×350ml
=約289円

高い!!!

でも、これは茶葉200gを使いきった場合の計算なので、長く使えば使うほど得する計算になります。

何倍飲めば得になるのか計算が面倒ですが、とりあえず・・・

いっぱい飲む!!!

以上です。

Byさちお