『進撃の巨人』食わず嫌いにオススメする10の理由を書きMAX

『進撃の巨人って、よく聞くけど観たことない。』『あの理科室の人体模型みたいなヤツはなに?』『面白いの?』って思っている人!

僕もつい最近までそう思ってて、そうしたらGoogle検索ランキング アニメ1位だし、とりあえず1話だけ観てみようかなとレンタル。

そうしたら、のっけから凄い展開だし、設定が複雑で深いし、引き込まれちゃって、あっという間に観破。

そもそも、この作品に対して色々誤解してたことが沢山だったので、聞けば僕の周りの人も同じように思ってる人が多かったので、反省の意を込めて『勘違いしていた点』と訂正をネタバレしない程度に書いておこうかなと思います。

まず・・・

 

1、古代神話の話ではない

『巨人』というワードから、勝手に『古代神話』のイメージを抱いていたのだが、実際はそうではなく、この作品の中での年代で動いており、武器や機械などの文明もしっかり存在していた。車、飛行機は無いけど船はある。

2、基本は『巨人vs人間』、ファンタジー要素は薄い

よく見るあの巨人は敵であり、ラスボス(?)的なイメージ。あの巨人を魔法で召還してドーンッ!!というファンタジー的なものではない。かなり肉々しい。ややグロ。

3、『萌え』や『お兄ちゃん』要素は無い

『アニメ』=『萌え・お兄ちゃん』と思われがちだが、この作品には一切無い。イヤーンもアハーンも無い。

4、お笑い要素がある

シビアな物語かと思いきや、要所要所で笑える部分がある。

5、想像以上に残酷

現実はそんなもん。

6、エヴェ好きはハマる

観たらわかる。

7、エンディングテーマは『マキシマム・ザ・ホルモン』では無い

一瞬、っポイと思っただけ(笑)

8、あの巨人の表面は痛くないようだ

こすったら、かなり痛そうだけどね!

9、謎が多過ぎる

みんなモンモンしてる!モンモンしてる!

10、2015年には実写映画になる

マジで!?≫ 『進撃の巨人』公式映画サイト

 

以上。

とりあえず、公式PVを貼っておくのでチェック↓

公式サイトもチェック↓

 参考:『進撃の巨人』公式サイト

そしてAmazonでブルーレイの詳細もチェック↓

そしてWikipediaでもっと詳しくチェック↓

参考:『進撃の巨人』Wikipedia

そして近所のレンタルビデオ屋さんに行きましょう!とりあえず1巻だけ借りて観てみたら良いと思います!

ちなみに、最初の画像は『撮影の巨人』というアプリと『進撃の巨人ジェネレーター』を使用しております。

img2