【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

どうも!さちおです。

先日(9/25)、品川シーサイドフォレストオーバルガーデンで開催された『ミニ四駆』の大会『ミニ四駆ジャパンカップ2016 東京大会3』でマシンの見た目を競う『コンクールデレガンス(コンデレ)』に参加たので、そのレポートと出展作品の制作工程です。

参考: ミニ四駆ジャパンカップ2016

今回制作にした作品に使用したマシンはこの2台↓↓↓

『バンキッシュ』と『ヒートエッジ』です。

まずは、ざっくり融合↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

ヒートエッジのボディを、大体でカットしてバンキッシュのボディを接着します。

ボディのカットには、ホットナイフやヒートペンがあると便利です↓↓↓

が、僕はカッターを炙ってやってます。(火傷注意&要換気)

接着には、黒い瞬間接着剤で仮止めをしてプラバンとプラリペアで補強です↓↓↓

黒瞬には、硬化促進スプレーが必須です↓↓↓

そして、境目をパテで埋めて成形、プラバンで後部のパーツをざっくり作成↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

ドデカい噴射口を作りたかったので、とりあえずこんな感じです↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

リアバンパーを削らないベストなスタイルかなと。

プラバンは、削る前提なので厚目の1.2mmを使用しています。

プラバンでザックリ作ってパテでどうにかするタイプの人です。

パテの成形は、ダイソーで売ってるこれと↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会2 コンデレに参加してみMAX

これは「半丸タイプ」なので、あと「平らタイプ」を使用してザックリ成形→百均の細い棒ヤスリ→ペーパー#240→#400→#600で、サフ1000です。

噴射口の内側のパーツもプラバンから削り出し↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

後から『プラ棒』という便利なものがあることを知る↓↓↓

それから、キャノピーやエアインテークを作成して準備OK↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

キャノピーは、薄い透明プラバンを曲げた状態で鍋つかみで持ってドライヤーを当てるという方法で変形させました↓↓↓

クリアレッドで塗装↓↓↓

そして、ホイールも塗装↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

ボディ、ホイールともにマットブラックがメイン↓↓↓

ホイールの向こう側が見えるのが嫌だったのでプラバンで蓋をしました。

そして、ボディーも塗装して完成したのがこちら↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

が、これの状態が1年以上前のこと。

これをそのまま出展したくなかったので、ここからさらに手を加えていきます。

まずは、余ったボディーパーツを気ってリアカウルを延長↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

サイドパーツも作成。

フロントにもウイングをつけます↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

パテ成形してサフした状態↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

タイヤのサイズも、前後で変えました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

エアロパーツはシャーシ側に固定します↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

フロントウィングも脱着可です↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

そして、一番気になったリアの噴射口の形状を変更↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

前の形だと、エネルキー効率が悪そうだということで変更しました。

そして、次にマフラーを百均の蛍光ペンのキャップを使って作成しました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

素材が違うので、塗装の際はPPプライマーが必要です↓↓↓

接着も難しかったので、プラバンと熱着させつつ黒瞬で無理やり固定。(まだ弱い)

装着するとこうです↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

そして、キャノピーも作り直し。

前の形だと「乗せてるだけ」って感じだったので、今回はしっかりフィットさせようかなと。

ドライヤーヒートプレスがなかなか左右対称にならないので、ダイソーで買ってきたエッセンスボトルを使って作ってみました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

これなら、ヒートプレスが苦手な人でも出来るんじゃないかなという提案。

それに合わせて、ボディにパテを盛り直し整えます。

次に、フロントライトのパーツを透明プラバンから削り出し↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

一番苦手(面倒)な作業。

フロント4つ、リア2つ作成しました。

それから、気になってたリアの隙間にエアロパーツ↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

空気の流れが良い感じになったんじゃないかなと。

ちなみに、リアパーツは電池の交換がしやすいようにプラスドライバー無しで脱着できる設計になってます↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

そして塗装に入ります。

今回はあまり時間が無いのと、ずっと雨が続いていたのでベースをグロスブラックではなく乾燥の早いマットブラックで作業↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

乾燥には、モデラーに大人気で新宿ヨドバシホビーフロアにも置いてある『山善 食器乾燥機』が大活躍↓↓↓

これ必須。

ブラックが乾いたらマスキング↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

曲線のマスキングには、これが大活躍↓↓↓

そして、マイカシルバーを吹いたものがこちら↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

そして、その他パーツもマイカシルバーで塗装しました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

ホイールキャップは、前がダイソー製(22mm)で後ろがキャンドゥ製(25mm)の『クルミボタンキット』を磨いたものです↓↓↓

ペーパー#2000→コンパウンドですね。

そして、次にクリアを塗装↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

良く乾かしながら、ある程度の厚みになったところで、一度ペーパー#1000で表面を均して再度クリアを吹いた状態です。

これだとちょっと納得できないので、もう一度#1000→クリアを行います。

その他のパーツも磨きます↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

今回は実験的にペーパーを#1000までにしてみました。

コンパウンドは、タミヤの細目→仕上げ目→ハセガワ セラミックコンパウンドが今のベストですね↓↓↓

まだまだ研究中です。

その上から、タミヤモデリングワックスで磨いた状態がこちら↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

まぁ、良い感じかなと。

部品の接着があるので、一旦中性洗剤で洗って置いておきます。

次に、照明関係の準備。

とりあえず、前に白4発と後ろに赤2発のLEDをつないで点灯↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

前がめっちゃ明るいなと。(要調整)

抵抗をかませて、前は最終的に2発に減らしました。(配線の都合上)

そして、ライトカバーを透明プラバンから削り出し↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

表面に傷をつけて光が中で拡散するようにしてます。

レッドは、タミヤ クリアレッドを筆塗り↓↓↓

クリアは、艶消しクリアを筆塗りです↓↓↓

しっかり乾かしてからボディに埋め込み↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

接着は、『ボンド Gクリヤー』で裏から、はみ出た分を乾く前に取り除きます。

『ボンド Gクリヤー』は、塗装に影響しないので便利です。

そして、今回は『タイヤ』にもちょっと手をかけてみました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

実車用の『タイヤワックス』で、タイヤの表面のすきまに詰まったパテ粉を取り除きました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

と同時に、タイヤがモチっとした印象になった気がします。

パーツクリーナーやジッポオイルでも綺麗になりますが、アルコール系は脱脂してしまうのでシリコーン&界面活性剤系の方がコンデレには向いているかもしれませんね!

シリコーン計のタイヤクリーナーでも水性と油性があるので、油性も脱脂してしまうので水性が良いそうです。

水性は界面活性剤が入ってます。

タイヤロゴが消えてしまうか心配でしたが、タイヤワックスでは落ちませんでした。

ライターオイルだと落ちてしまったのでご注意を☆

『SOFT99 ( ソフト99 ) 4-X タイヤツヤ出し&クリーナー』は水性です。

そんなこんなで、諸々を組み立てて完成したマシンがこちら↓↓↓

 

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

『ヒートエッジ』から、『黒く燃え尽きた』の『BURNT-OUT(バーントアウト)』と『バンキッシュ』の『バン』を合わせて・・・

マシン名『BURNT EDGE(バーント エッジ)』っ!!

『未来のドラックレース』をコンセプトにデザインしました。

リアウイングが無いので、ボディ全体でダウフォースなデザインです↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

後輪のグリップを上げるために大径に、前輪は中径になってます。

リアの噴射口は、メタリックグレイに塗り分けました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

下の3本出しマフラーが通常走行用で、上の噴射口がブースト時用です。

ドラッグレースにも、通常のレースにも出れるイメージですね!

最高時速はマッハを超えます(多分)

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

未来のライトは、球ではなくフラットかなという予想。

「ビームっ!!」みたいな。

次回はもっと良い感じにしたいと思います!

 

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

ドライバーが確認しやすいように、バイザー?をシルバーのステッカーで作成してます。

バンキッシュのドライバーさんですね。

そして、腹↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

ここまでゴツく作ると、手に持った時に童心がくすぐられて良いなと♪

と言うわけで、リメイク比較↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

1年で身についた技術を詰め込んでみましたという感じで、展示に向けてターンテーブルを準備↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

付属のミラーシートがめっちゃミラーなので、ダイソーでアルミ板を購入↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

丸くカットして置くと↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

理想的な映り込みだなと。

と言うわけで、準備完了↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

本体は、クレオス メタルブラックにしました↓↓↓

+クリアです。

と言うわけで会場へ↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

無事にエントリー↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

待つことしばしで、気になる審査結果は・・・

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

『入選』でした。

ジャパンカップラストなので気合を入れて作ったのですが、「まだまだ」だったということで反省です。

賞はなかったですが、赤ペン先生いただきました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

今回も、コンデレ後にコンデレーサーの集いが楽しすぎました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

次回もあるようなので毎回参加したいなと☆

色んなコンデレーサーと知りあえて、刺激もいっぱいもらえるので良い時間です。

ありがとうございました!

最後に、過去の『未来』をコンセプトに作ったミニ四駆を比較↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2016 東京大会3 コンデレに参加してみMAX

左が2015年1月作品2号の『アストラルマウスター』、中が2015年9月作品7号の『DL-MOU2』、そして今回2016年9月作品13号『BURNT EDGE』です。

この艶感を出すのに2年かかったなと(汗)

師匠のレベルには、まだまだ追い付けませんが缶スプレーでウレタンに勝てるように努力していきたいなと思ってます。

次回も頑張りたいと思います!

現在、製作中のマシンの進行状況はInstagramで随時公開中です↓↓↓

instagram

以上です!

Byさちお

この後に読まれてる記事は?