【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

前回(11/30)、品川オーバルガーデンで行われた『ミニ四駆』の大会『ミニ四駆グランプリ2014 Autumn 東京大会』内で行われていたミニ四駆の『見た目』の大会『コンクールデレガンス』に参加したのですが、結局なんの結果も出せなかったので『リベンジしよう!』という企画です。

ちなみに、前回の作品&記事はこちら↓↓↓

【ミニ四駆】見た目の大会『コンクールデレガンス』に参加してみMAX

【ミニ四駆】見た目の大会『コンクールデレガンス』に参加してみMAX

実は、前回の時点ですでに製作に入っていたのですが、まったく完成しそうにもなかったので先送りになっていました。

何度も試行錯誤を繰り返して、3ヶ月かかってのようやく出展というわけです。

特に、『塗装』に関しては去年の11月くらいから始めたばかりなので『ずぶの素人』。前々回の大会視察の時に知り合ったコンデレマスターの太陽さんに色々教えてもらいながら、理想の色に行き着くまで何度も(4、5回?)やり直しました。

いやーホント、塗装は難しい!!

と言うわけで、今回の作品の完成に至るまでの流れを書きたいと思います。

まずは、キッカケから。

『最近の車(特にプリウス)はマウスにしか見えないな』という考えから『マウスとミニ四駆を足したらどうなるんだろう?』という発想に至りました。

ちょうど廃棄予定のマウスがあったので、それに合いそうなミニ四駆『アストラルスター』を購入↓↓↓

そして並べてみると、なんとなくマッチしそうな予感↓↓↓

(null)

とりあえずマウスを分解↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

上部が二層になってるんだねぇって、とりあえずマウスホイールは↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

ま、保留で。

とりあえず、蓋部分の出っ張りをヤスリでフラットに削る↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

そして、マウスホイール部分の穴を『プラリペア』で埋めちゃいます↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

これは便利なのです。ちょっと固いですがバッチリ固まって『L字』の固定なんかにも便利です↓↓↓

色が白、黒、クリアとあるのでお好きな色をどうぞ。(くれぐれも粉をバラまかないように注意)

そして側面にプラ板を貼って接着↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

(この時点では窓の形状が違います)

接着剤が乾いたら、パテで繋ぎ目を埋めてしまいます↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

(今回は高密度タイプを使用しましたが、通常タイプでも十分です。通常タイプは気泡が入っちゃう分面倒ですが、高密度タイプは指に着いて面倒なので、最終的には通常タイプを使うようになりました。)

ヤスリで表面を整えて窓部分のパテ埋めが完了↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

この作業の際に役に立ったのが、この『タイラー240』というヤスリ↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

目の粗さで何種類かあるのですが、1セットが3個入りなので、しばらく使って、ヤスリ部分を剥ぎ、両面テープで240、400、600に貼り替えて使いました。繰り返し使えて便利なのでオススメです。

そしてシャーシも準備↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

MAシャーシをバンパーレス化。

フロントグリルを着けたかったので、FRPプレートを2枚使用して形成&ビス止め↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

そして、そこを被う部分に丸みが欲しかったので、これまたマウスの一部を使用↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

それをプラ板で、プラリペアを使って固定してパーツを作成↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

装着するとこうなります↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

形状的に、ボディを延長(ボディ側に接着)すると脱着が困難になるので別パーツにしました。

最終的に両面テープで半固定します。

同じくリア部分にもマウスの切れ端を使って丸みを出しつつパテ埋めで形成↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

ここの丸みは、缶スプレーに紙ヤスリを巻き付けてギャリギャリやりました。

そして、ライト部分と↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

側面もパテ埋めして完了↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

配色のイメージはこんな感じ↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

戦隊ものっぽいので、赤はもう少し暗い感じにしたいな〜的な。

そしてサフ↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

マウスと並べてパシャり↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その1

写真が当初のものなので整形が甘いです(汗)

ここから何度も調整して、ようやくベースの色づけ↓↓↓

(null)

(null)

ベースカラーは、タミヤの缶スプレー『TS−14』つやありブラックです。

この色は、よく使うので購入時は2本は買っておいた方が良いですね!

ここから、いわゆる『キャンディカラー』での赤を目指したのですが、これがまた難しくて、何度も失敗を繰り返してようやくの状態↓↓↓

IMG_5171.JPG

IMG_5177.JPG

IMG_5175.JPG

IMG_5173.JPG

この時点で窓が無くなってるのですが、これは『ヤスリのかけ過ぎ』で割れてしまったので、『とりあえず後で考えよう』という状態です。

ここから、シルバー(アルミシルバー)が気に食わなかったり、落としてヒビが入ったり、塗装が剥げちゃったり、ステッカーでミスったりで、サフからやり直しを4、5回やり直しました。

とりあえず、今回はここまで。続きはまた後日書きます!

この後に読まれてる記事は?