【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

どうも!さちおです。

本日(6/18)、品川シーサイドフォレストオーバルガーデンで開催された『ミニ四駆』の大会『ミニ四駆ジャパンカップ2017 東京大会1』に参加してきました!

今回は、ミニ四駆の「速さ」を競うレースとミニ四駆の「見た目」を競う『コンクールデレガンス(コンデレ)』に参加してきたので、そのレポートと出展作品の制作工程です。

参考: ミニ四駆(タミヤ)WEBサイト

まずは、今回のコンデレに出展したマシン制作工程から。

今回使用したマシンがこちら↓↓↓

今回は、この2台を合成させて行こうかなと思います。

まずは、ベースとなるジオエンペラーの車高を下げる作業から↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

とりあえず、ARシャーシにあわせて出来るだけ車高を下げてみました。

そして、アストラルスターのカウル部分を移植↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

ウイングは、エアロマンタレイのものをカットして幅を延長しました↓↓↓

ボディ同士の接着は、「黒い瞬間接着剤」で「仮留め」をしてから本留めをします↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

「黒い瞬間接着剤」通称「黒瞬(くろしゅん)」は、接着剤の役目とパテ的な役目もあってFRP同士の接着などに大活躍します。

ですが、硬度が低いので強度が必要な部分の接着には不向きなので注意です。

黒瞬を使う時は、「硬化促進スプレー」が必須です↓↓↓

裏から見るとこうなってます↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

と、このまま行こうと思ったのですが変化が欲しかったので、ジオエンペラー部分を少し前に出しました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

そして、シャーシをARからMAに変更。

モーター部分を覗ける部分を作ってみたり?

設計図も完成イメージも無いので、さぐりさぐり作業して行きます。

ちなみに、タイヤにビニールテープを二重にして貼っているのは、ボディとタイヤの隙間をギリギリにする為です。

この状態でぺったり調整すれば、シールを剥ぐと1mm前後の隙間になる目論みです。(もっと厚くてもよかった。)

そして、接着部分の強度が足りない部分にプラ板の切れ端を接着します↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

コンデレ(無走行)の場合はこれくらいの補強で大丈夫ですが、走行もさせたい場合は「プラリペア」などでつなぎ目を補強した方が良いです↓↓↓

そして、つなぎ目を消す作業↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

いつもは「ポリパ」を使うのですが↓↓↓

今回は、苦手な「エポパ」でチャレンジです↓↓↓

エポパは、硬化時間が約12時間と長いですがヒケが少ないのが特徴です。

ポリパと比べて臭いも無いので良いのですが、エポパは30分くらいで硬化するしサクサク作業できるんですよね。

どちらも一長一短なのでお好きな方を選んで下さい。

やはり、僕はポリパが好きです。

次に、いつもの「アンダーパネル」の製作に入ります。

まずはFRPプレートで骨組みを作ります↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

この接着固定にも黒瞬を使ってます。

接着面に荒い棒ヤスリで傷を付けておくと、がっちり固定できます。

接着した後に、ルーター(リューター)で整形します↓↓↓

そして、プラ板にFRP骨組みを貼付けます↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

アンダーパネルの製作については、以前の記事を参照いただけるとわかると思います↓↓↓

【ミニ四駆】2017スプリング 東京大会1 コンデレ制作工程

【ミニ四駆】2017スプリング 東京大会1 コンデレ制作工程

とりあえず、こんな感じ↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

裏から見ると↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

上から見るとこうなってます↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

それから、アンダーパネルの形をどうしようか、ボディをどうしようか、全く前に進まなくなってしまったので目に入った「トライゲイル」のボディを合成↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

限定カラーを惜しげも無く切り刻む。

リアカウルの高さが良い感じに合ったので決定。

そして、繋ぎ目をエポパして↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

アンダーパネルの形もまとまったので、サフを吹いて様子見↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

こんな感じになりました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

今回も、塗装をしやすいようにアンダーパネルを作ってます。

次に、マフラーの製作。

マッキーの蓋と、スペーサーを4本使います↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

マッキーのキャップを良い感じにカット↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

プラ板などを使用して、スペーサーを良い感じにセット↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

こうなります↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

そして、スカスカのリア部分のパーツを製作↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

プラ板とプラ棒、プラパイプを使ってます↓↓↓

こうなります↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

こうです↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

別角度↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

これで大体のシルエットが決まったので、ペーパーを#240→#400→#600とかけながら、ベーシックパテで凹みを埋めつつ整えて行きます↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

凹みを埋める作業にはヘラセットが必須です↓↓↓

サフを吹いては調整を繰り返します。

誤って削ってしまった細かい造形には、「瞬間接着パテ」が活躍します↓↓↓

そして、なんだかんだでこうなりました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

まだ納得いきませんが、時間が無いのでこのまま進めます。

次は、カラーリングを考えます↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

写メを印刷して塗り絵か、パソコンで塗り絵でまとめていきます。

こんな感じかなと。

カラーリングが決まったので、まずはベースのブラックを塗装します↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

今回は時間が無いので、乾燥が早くマスキングテープの跡がつきにくい「セミグロスブラック」がベースです↓↓↓

マットブラックでも良いです。

時間が無い場合はこの方法は時短ですが、仕上がりが若干変わってしまうので時間がある時は艶ブラックで行います↓↓↓

そして、乾燥には「乾燥ブース」が活躍します。

僕は、モデラーさんに大人気の「山善食器乾燥器」を使ってます↓↓↓

熱くなりすぎないので、缶スプレーも一緒に温めてます。(自己責任)

乾いたら、黒を残す部分にマスキングテープ↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

同じく、アンダーパネルもセミグロスブラックを塗装した後に、カーボンっぽい色の「メタリックグレイ」を吹きます↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

良く乾かしてから、シルバーになる部分を残してマスキング↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

大きい部分のマスキングにはこれを使います↓↓↓

幅の広いマスキングテープは、粘着力が若干弱い気がするので幅の狭いテープで縁取った後に内側を埋めるように使うと良いと思います。

ボディーもシルバーに↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

最近はシルバーを色々試しているのですが、アルミシルバーだとアルミなシルバーになるなと。

そして、キャノピー部分をディープメタリックブルーに塗装↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

本来は、キャノピーカラーを全体に塗装してマスキングして〜という行程ですが、時間が無いので部分部分で塗って行きます。

乾かしてる間に他のパーツも塗装しておきます↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

乾いたらマスキング↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

メインカラーのメタリックオレンジを吹きました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

明るいオレンジにしたかったのでベースをシルバーにしたのですが、若干暗い気がします。

細かい部分のはみ出しやムラなどは、筆を使って修正しました。

試しに買ってみたこの筆が思ったより良い感じでした↓↓↓

シリコングリップなので持ちやすくて安定しやすいです。

リアパネルはこうなりました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

外側のランプには、百円ショップ「seria」のデコシールに油性マジックで色をつけたものを↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

内側のランプは、プラパイプをガンダムマーカーで赤く塗ったものを使ってます↓↓↓

中央のステッカーは、ラジコン用のステッカーをカットして貼ってます。

そして、各パーツにステッカーを貼り↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

クリアーを吹いて↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

良い艶が出ました。

つや出しは、まずクリアを薄く何度も重ねて良く乾かし、厚く塗って良く乾かす。

乾いたら、表面の波を打ってる面を#1200で平らにしてから、もう一度厚く吹いて良く乾かします。

その後に、コンパウンド細→仕上げ→セラミックコンパウンド→タミヤモデリングワックスというのが僕のやり方です。

磨くクロスは、タミヤの3色ので良いのですが、洗うのが面倒なのでダイソーの眼鏡拭き(大容量)を半分に切って使い捨てしてます。

組み立てたバックはこうなりました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

今回、ホイールはAスポークをマットブラックに↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

イエロープリントタイヤを履かせてみました↓↓↓

中央のオレンジは、seriaのデコシールをメタリックオレンジに塗ったものです↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

細かい部分の塗装には、綿棒を使ってます↓↓↓

これまでの流れを一覧でどうぞ↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

と言うわけで、完成したものがこちらになります↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

名付けて、「アストラル・ジオゲイル」っ!!

最近は、ネーミングが面倒なので「何を使ったかわかる」ような名前にしてます。

グレードアップパーツは、「最新のものを使うと受賞率が上がる説」の為に13mmアルミローラーを使用しました↓↓↓

と言うわけで、いざ品川シーサイドの開場へ↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

本日は午後から雨の予報ですが、今の所は晴れて盛り上がっております。

今回は走行も当選したのでエントリーしました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

とりあえず、師匠と合流してお見合い↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

相変わらず、師匠のマシンのクオリティは究極です。

かれこれ2時間ほど待ってからコンデレエントリー受付開始。

無事にエントリーできました↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

それから約3時間後に審査結果発表↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

あいにくの雨の為にコースを移動しての結果発表です。

結果は・・・・↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

受賞は無かったですが、今回から導入された「スタンプシステム」でMC陣のお気に入りのマシンにはスタンプがつくということで、今回は3/4スタンプとTWお約束スタンプを頂きました。

ありがとうございました。

そんなわけで、今回は雨なのでコンデレブース近くで「プチコンデレ会」↓↓↓

【ミニ四駆】ジャパンカップ2017東京大会1コンデレ結果と制作工程

雨でちょっと疲れましたが、良い一日でした♪

また来月も頑張ります!

ちなみに、レースは1回戦コースアウトで敗退でした^_^

以上です♪

Byさちお

この後に読まれてる記事は?