【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

どうも!さちおです。

みなさんは、ポータブルハードディスクはどこのメーカーのをお使いでしょうか?

Amazon.co.jpで「ポータブルハードディスク」を検索してヒットするBEST3がこちら↓↓↓

ポータブルハードディスクを選ぶ基準としては、容量、USB3.0対応、大きさ、重さ、価格という感じでしょうか。

後は、保証や壊れにくさなども気になるところですね。

それらを踏まえて今回ご紹介するポータブルハードディスクがこちら↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

世界最大級のHDDメーカー『シーゲート』が開発した、世界品質のポータブルハードディスク『Seagate Backup Plus Slim』です。

今回は1TBタイプ。

2.5インチなのでスリムで軽量、USB3.0接続で高速、バックアップソフトや2年保証が付いて7915円です↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

おまけで、OneDriveの200GB分を2年間無料で使えます。

至れり尽くせり。

中身がこちら↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

カラーが、シルバー、ブラック、ブルー、レッドとあって、今回は大人し目のシルバーをチョイスしました。

容量は、500GB、1TB、2TBがあるようです。

「外付けハードディスクドライブ」としての人気はそこそこですが、選んだ基準は「世界一のメーカー」というのと「Amazon.co.jp限定」という点。

「Amazon.co.jp限定」とつく商品は、「Amazon.co.jpが認めた!」という「良い商品」の印なので、買い物で迷ったときは「Amazon.co.jp限定」を買っておけば間違いないなと。

そしてこの薄さ↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

裏もちょっとお洒落ですね↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

今まで使っていたもとの比べると↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

あまり変わりませんが、若干小さくて若干薄いです↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

東芝製も良かったのですが、大雨の湿気でやられてしまったので買い替えです。

今回は「ご一緒にいかがですか」のケースも購入↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

持ち運びするので、衝撃から守るためにケースは重要です。

カラーが、ブラックとブルーがあって799円でした。

こんな感じで収納です↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

で、前回は湿気で故障してしまったので、湿気対策にこちらを購入↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

DAISO(ダイソー)で売っている「食品用乾燥材(シリカゲル除湿剤)」です↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

108円で10包入り。

2包ずつになっているので、2包を入れておく↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

まぁ、「無いよりマシ」かなと。

そして、気になってた謎の凹みは電源のランプでした↓↓↓

【世界一のHDD】シーゲート ポータブルハードディスク1TB

ONで白く光ります。

なるほど!

そして、『Seagate Backup Plus Slim』にはバックアップソフトウェアフォーマットしなくてもMacに対応してくれるようになるドライバがついてきます。

バックアップソフトは、パソコンにインストールすることで「自動バックアップ」と「ワンクリック手動バックアップ」ができるようになります。

「自動」と言っても、無線ではないのでパソコンにつないでおかないといけないので、ほぼ手動になるかなと。

ワンクリックは楽ですね!

OneDrive2年間200GB使い放題は人によっては嬉しいかもです。

2年後の切り替えが面倒そうなので僕は使わないですが、嬉しい人には嬉しいかな?

その場合、ハードディスク側のアカウント登録とOneDrive側のアカウント登録が必要になります。

ちなみにOneDriveは、通常は5GBまでが無料のクラウドサービスです。

ちょっと面倒ですが、他のメーカーには無いサービスなので利用してみてはいかがでしょうか?

参考までに。

Byさちお

この後に読まれてる記事は?