【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

どうも!さちおです。

「本気のラジコンを始めたいんだけどどれを買ったら良いのか分からない!」「初心者なのに何万円もするのは高すぎる!」「安いラジコンだと楽しくなさそう!」なんて思ってる人は多いと思います。

そんなアナタにオススメなのが『Wltoys(ダブリュー・エル・トイズ) A959』です↓↓↓

Wltoys A959 1/18 1:18 スケール 2.4G 4WD 四駆 オフロード車 バギー RC カー

『Wltoys A959』は、オフロードタイプのラジコンで、サイズは1/18

本格的な操作性と走行力、拡張性を備えて価格はなんと6600円

もちろん、プロポ(操作機)、バッテリーなどの必要な装備は全部付いてます。

海外製なので、日本での入手は難しいですがAmazonで購入できます。

『Wltoys A959』の1番凄いのが、6600円というホビー価格なのに最高時速45km/hも出るんですよね。

ノーマルで(笑)

その他諸々まとめると↓↓↓

  • 4WD 2.4GH バギースタイルのRCカー。
  • 1 / 18スケールで、屋内屋外両用。 高品質で耐久性を持つ車体。
  • 四輪独立サスペンション。 二つのディファレンシャル。
  • 4輪ショックアブソーバが付属。 比例ステアリング機能を持ちます。
  • 45キロ/ Hの高速。 100mの制御距離。

しかし、やはり安いだけあって始めに色々手を加える必要があるので書いておこうかと。

当方、ラジコンは初心者なのでマシン選びから改造の一連まで、僕のホビー師匠の「太陽(@Taiyo209)」さんにご教授頂きました。

いつもありがとうございます☆

まず、Amazonで「wltoys a959」を検索すると色々出てくるので、最安の6600円のブルーか7000円のレッドを購入します。

僕はブルーにしました↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

注文から1週間も経たずに到着しました。

中身は↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

本体とプロポ、バッテリー、充電器、アダブター、変換プラグ、クロスレンチ、説明書が付いてます。

海外用の充電器ですが、変換プラグで日本対応してます。

ボディを外してバッテリーを設置すれば、すぐに走行が可能です↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

わかりやすいレビュー動画をどうぞ↓↓↓

プロポに単3電池4本が必要になります↓↓↓

電源の入れ方などは説明書(全部英語)を参照ですが、覚えておくのは「プロポON→本体ON」という順番と「本体OFF→プロポOFF」です。

遊び終わったら、バッテリーの接続プラグは抜いた状態で保管です。

はい。

では次に、走行前にやっておいたほうが良い調整についてです。

『Wltoys A959』を買って最初に気になったのが、フロントタイヤの歪み↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

右のタイヤが斜めになってます。

同時期に購入した師匠のマシンもこうなっていたので、高確率でこの状態と思われます。

原因は、ここのパーツのようです↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

これが若干短いのか、付近のパーツが原因です。

「周辺のビスを一旦緩めて、タイヤを内側に(ハの字)に押さえた状態でビスを締め直す」という方法で若干直りましたが、あまり良くなさそうなので師匠に相談。

このパーツで調整できるらしいのですが↓↓↓

師匠が教えてくれた「ミニ四駆のパーツで自作する」方法なら簡単に節約できるなと↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

まずは、この2つを用意する↓↓↓

それぞれを次のように加工します↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

アジャスターを、そのままを2つカットしたのも2つを用意します。

両ネジシャフトは両サイドをカットしたものを2本用意。

それぞれを組み立てて、長さを微調整しながら付け替えます↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

これでタイヤが真っ直ぐになりました↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

1つ解決。

次に、左前のショックアブソーバーがカクカクなってるのを改善します↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

これがスッと下がらないの↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

クックッとなる。

こちらもパーツが売ってますが↓↓↓

ハズレを引いたら嫌な場合はこちらかな↓↓↓

こちらもどうにかならんかと師匠に相談。

リアのショックアブソーバーの上部に付いてる↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

スペーサーを1つ外して↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

前に付ける↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

これでバネが強くなるのでかなり改善されます↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

あとは、グリスを塗ったり、何度もキコキコもするとかなり良くなりました↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

引っかかりが0にならなかったので、気になる人はパーツを買うことになります。

2つ目も解決。

そして次に、腹面の傷防止と砂の侵入の対策

こちらも、こういうパーツがありますが↓↓↓

節約のために、余ってたクリアファイルで製作↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

こんな感じ?

これは自分アレンジでやってみました↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

両面テープで…かっこ悪いな^_^;

サイドにもクリアファイルの切れ端を貼ります↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

ボディを被せればかなりの砂の侵入を防げます↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

これはもうちょっと研究が必要ですね!

そして、どうやら『Wltoys A959』は砂を噛みやすいみたいなのでもギアボックスに砂が入らないように対策をします↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

『アンチウエアグリス』という、ぬちゃぬちゃしたグリスでパーツの隙間を埋める作業です↓↓↓

ギアボックスのネジを緩めて↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

こう↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

そこにアンチウエアグリスを流し込み↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

しっかり締めます↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

これで良い?

前後と、モーター周辺もしっかり隙間を埋めます。

これで、走らせる前にやっておくべきことは一通りです。

思いっきり走らせてみましょう↓↓↓

【ラジコン】初心者には『Wltoys A959(オフロード)』がオススメ☆

GO!!

次回はボディの塗装を書きたいと思います!

みんなで一緒に遊びましょう♪

Byさちお

 

この後に読まれてる記事は?