【イラスト】ダイソー版コピックマーカー全種類 vs セリア(使い方)-00

どうも!さちおです。

100円ショップ各社から発売中の「イラストマーカー(アルコールマーカー)」から、今回はDAISO(ダイソー)版コピックの使い心地を試してみたのでレポートです。

セリア版との比較も参考にしてみてください。

新色が追加されて魅力的になった

【イラスト】ダイソー版コピックマーカー全種類 vs セリア(使い方)-01

イラストを描くことが好きな人は「100均コピック」は気になっていると思います。

もしくは、もうすでに試している人も多いでしょう。

現在、Seria(セリア)、CanDo(キャンドゥ)、DAISO(ダイソー)にてそれぞれ違うイラストマーカーが発売されています。

僕は前回、セリア版コピックを試してみました↓↓↓

【100均】Seria(セリア)版コピックマーカー全36色を使いこなしたい-00
【100均】Seria(セリア)版コピックマーカー全36色を使いこなしたい

100均コピックはセリア一択だったのですが、ダイソー版に追加された新色が気になるなと。

全色集めるのは大変です

【イラスト】ダイソー版コピックマーカー全種類 vs セリア(使い方)-02

100均コピックは人気のようで、全色を集めることが難しいようです。

大き目のDAISOを何軒かまわったのですが、ブレンダーを含めて38色までしか集まりませんでした。

ナンバリングが途中が無くてよくわからない状態です。

今回は38色で進めていこうともいます。

紙と黒ペンは前回と同じ

【100均】Seria(セリア)版コピックマーカー全36色を使いこなしたい-07

今回も黒ペンはコピック用のもので↓↓↓

太さを3種(0.1mm、0.3mm、1.0mm)用意。

ホワイト用のポスカ 白 極細↓↓↓

スケッチブックは「FIG/0」↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIG/0 スケッチブック TA
価格:570円(税込、送料別) (2020/2/27時点)

楽天で購入

 

スケッチブックは通販で買うと高いので、近くの画材屋さんで探しましょう。

もしくは、コピック用のスケッチブック↓↓↓

アルコールマーカーの場合は、用紙選びが重要になります。

僕のイラストの描き方

【イラスト】ダイソー版コピックマーカー全種類 vs セリア(使い方)-03

僕の場合、まずシャーペンで下描きをしてから0.3mmで清書します。

消しゴムで下描きを消して、薄くなったラインを雑目に2回なぞります。

雑になぞることで、筆ペンのような強弱が生まれます。

それから色を入れます↓↓↓

【イラスト】ダイソー版コピックマーカー全種類 vs セリア(使い方)-04

今回は「紫」をテーマに描いてみました。

DAISOコピックを使ってみた感想

ダイソーコピックは、セリア版と同様に「にじみ」が強すぎるという印象です。

強すぎるので、あえてにじませたときに色の「寄り」が激しく「ムラ」のようになります。

安いので仕方ないので、気になるのであれば本家を買うべきだなと。

そして、当初買い渋っていた「色の種類」の問題。

旧色がスタンダード過ぎるので買わなかったのですが、新色が良い色なので買ったんですね。

しかし、追加された色も20色と少ないのでアレンジが難しいです。

やはりセリアが良いなと↓↓↓

【100均】Seria(セリア)版コピックマーカー全36色を使いこなしたい-10

発色はダイソーの方が良いですね。

そして、ダイソーコピックとセリアコピックの大きな違いがこちら↓↓↓

【イラスト】ダイソー版コピックマーカー全種類 vs セリア(使い方)-05

セリア(左)は、本家と同じく筆っぽい形になっています。

それに対してダイソー(右)は細ペンという状態。

これだと髪の毛の表現などに影響がでてくるんですね。

言っても、セリア版はインクの流れが強いので細い表現が難しい。

どっちもどっちというところでしょうか。

どちらかを選ぶとしたら、やはりセリア版コピックになるかなと。

ここまできたらキャンドゥ版も試してみたいですね。

本家コピックも買い直してみようかなと↓↓↓

以上です。

Byさちお