【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

どうも!さちおです。

9月に入ってもまだ残暑厳しい日があったりなかったりですが、「夏らしいこと」やり忘れたことはありませんか?

まだちょいちょい暑くなるみたいなので、そのチャンスにやり損ねたことをやっちゃいましょう!

Let’s残暑♪

僕は、毎年夏になると「甘酒」の「かき氷」が食べたくなります。

毎年、神田に美味しいかき氷があって、毎年「行こう行こう」と思って行きそびれていました。

実は2年前に一度行ったのですが、タイミング悪く「夏季休業」だったので、今年こそはと4年ぶりのリベンジです。

場所は、神田明神の入り口にあります↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

最寄りの駅は、東京メトロ 新お茶の水駅からだと徒歩5分、末広町えきからだと徒歩8分、JR御茶ノ水駅からだと徒歩5分の場所になります。

僕の場合は、秋葉原から徒歩で行ってます。

大通り沿いの、神田明神の入り口の鳥居の左手にある甘酒屋「天野屋」さんです↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

神田明神を横目でチラり↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

この看板が目印↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

「おやすみ処 あま酒茶屋」ですね!

正面右手がお土産屋さんで、左手にカフェスペースの入り口があります↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

店内の雰囲気はこんな感じで↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

和風でしっとり落ち着いてます。

クーラーが無いので氷が美味しいのです。

天野屋さんは「甘味処」なので、かき氷の他にも色々メニューがあります↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

お店の地下に土室(むろ)があって、そこで創業当時(1846年)から麹を作り続けているんですよね。

歴史のあるお店なのです。

甘酒の他に↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

あんみつも良いなと↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

毎回思いながらも、毎回「かき氷」を食べるのよ↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

かき氷の種類も色々あるのですが、目的はこちら↓↓↓

『氷甘酒(500円)』。

かき氷に甘酒って、「ただかけただけでしょ?」と思いがちですが↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

氷は、ほわほわとシャリシャリの間くらいの食感です。

店内に冷房が無いので、暑い日はあっという間に溶けてしまいます。

さっさと食べましょう!

甘酒をかけた氷の上に氷をかけた感じですね↓↓↓

【10/10まで】神田明神入り口の天野屋『氷甘酒(かき氷)』が激ウマい

お店の人の言う通り縦に食べると、甘酒が表れます。

こんにちは!

ここをパクっと食べる瞬間が幸せなんだよねぇ

う~ん♪

それだと後半味が薄くなるんじゃないかと思いきや、最初から最後まで「ちょうど良い甘さ」なのが良いところ。

最後に、溶けた甘酒氷をゴクッと飲むのが良いのです。

美味い♪

最近は、色んなかき氷屋さんができてどこも美味しいですが、「懐かしさ」はここにあるので是非食べてみて下さい。

かき氷は、10月10日までやってるそうです。

定休日もしっかりチェックしてから行きましょうね!

オススメです☆

Byさちお

<店舗情報>
天野屋
03-3251-7911
東京都千代田区外神田2-18-15
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13006339/

この後に読まれてる記事は?