【インテリア】marimekko生地で北欧風ファブリックパネルを手作り♪00

部屋の大幅な模様替えに伴い、10年ぶりに「ファブリックパネル」を作ってみようかなと。

色味を増やすのに写真やポスターも良いんですが、独特な味のある「ファブリックパネル」で「北欧風インテリア」を手作りしたいと思います。

まずは材料↓↓↓

【インテリア】marimekko生地で北欧風ファブリックパネルを手作り♪01

ホームセンターで、1820x18x18の木材(600円くらい)を2本カットしてきました。

120cmを2本と55cmを2本です。

今回も大きめファブリックパネルを作ります。

木材を四角に組み立てます↓↓↓

【インテリア】marimekko生地で北欧風ファブリックパネルを手作り♪02

固定は木工用ボンドと釘、念のためにL字金具もつけてます↓↓↓

前回は段ボールで作ったのですが、今回は丈夫に着せ替えできるようにしました。

そして生地を買いにmarimekko(マリメッコ)へ↓↓↓

【インテリア】marimekko生地で北欧風ファブリックパネルを手作り♪03

久しぶりに行こうと思ったら店舗数増えててビックリ。

新宿伊勢丹でも買えるので便利だなと↓↓↓

参考:marimekko(マリメッコ)公式サイト

ファブリックパネルと言えば、僕的にはやはり「marimekko(マリメッコ)」なんですよね。

10年前もmarimekko(マリメッコ)で作ったので今回も。

柄が沢山なのであらかじめWEBサイトで目星をつけて、お店で見比べて決めようかなと。

WEBサイトにあっても店舗に置いてないというパターンもあるので注意です。

あと、実際に実物をみると思ってたより大きかったり小さかったりなので、直接見て決めることをオススメします。

今回は壁に「緑」を増やしたかったので、店員さんに相談しながら決定しました↓↓↓

【インテリア】marimekko生地で北欧風ファブリックパネルを手作り♪04

あらかじめ決めてたのと全然違うのを買いました。

布の購入は、横幅「140(147)cm」で縦を50cmから10cm単位で購入します。

ファブリックパネルは巻き込みの長さもあるので、今回は60cmを購入しました。

4,500円くらいですね。

布を裏返しに広げて木枠を置きます↓↓↓

【インテリア】marimekko生地で北欧風ファブリックパネルを手作り♪05

そして上下左右いずれかから、まず真ん中からホッチキスで留めます↓↓↓

【インテリア】marimekko生地で北欧風ファブリックパネルを手作り♪06

ある程度の間隔で固定したら、その反対側を固定します。

その際に、出来るだけ強めに布を引っ張りながら固定すると仕上がりが綺麗です。

下→上→左→右という感じの順番です。

そして角の折り込みは慎重に、綺麗に折り曲げて固定するのを心がけます↓↓↓

【インテリア】marimekko生地で北欧風ファブリックパネルを手作り♪07

これで完成↓↓↓

【インテリア】marimekko生地で北欧風ファブリックパネルを手作り♪08

作業自体はそんなに難しくないです。

固定がホッチキスなので、簡単に着せ替えができます。(おそらく)

そして、今回作ったファブリックパネルはここに置きます↓↓↓

【インテリア】marimekko生地で北欧風ファブリックパネルを手作り♪09

壁につるす場合は金具を取りつけます。

面倒なので置いてくスタイルで↓↓↓

【インテリア】marimekko生地で北欧風ファブリックパネルを手作り♪10

住み心地を良くするために「緑」を増やしたかったのですが、植木を置けるほど広い部屋ではないのでこれはアリなんじゃないかなと。

ちなみに、このサイズの正規品を買おうと思うと15,000円くらいします↓↓↓

手作りだと6,000円くらいですね。

半額以下で出来ます。

是非チャレンジしてみてください。

以上です。

Byさちお

この後に読まれてる記事は?