【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-00

どうも!さちおです。

「ひとり焼肉」が気軽に楽しめる「ひとり焼肉専門店」が増えていますが、2019年8月29日に高田馬場に新規オープンした「ひとり焼肉」専門店「焼肉 均一食堂39(サンキュー)」が「誰にも邪魔されない”個室感”が通いやすいと話題です。

「ひとり焼肉」と「ひとり焼肉専門店」

「ひとり焼肉」とは、その名の通り「一人で行く焼肉」のことですね。

昔では、一人で焼肉はなかなか勇気のいることでしたが、最近では「専門店」が出来る程一般化した言葉になっています。

「ひとり焼肉」という言葉が使われ始めた頃は、焼肉屋さんの「テーブル席で一人で食べる」というものでした。

それから、1~2人用の「カウンター席」があるお店が増え、後に「カウンター席のみ」の「ひとり焼肉専門店」が出来たわけですね。

専門店と普通の焼肉屋の違い

普通の焼肉屋さんは、家族や友達グループが「ワイワイガヤガヤ」やってるイメージかなと。

ひとり焼肉専門店は、それぞれソロ活動なので「ひとり黙々と肉を食べる」という空間になります。

「焼肉は楽しく食べたい」という人には寂しい空間になりますが、「だれにも邪魔されず焼肉に集中したい」という人には嬉しい空間ですね。

個人的には、ひとり焼肉専門店は「受動喫煙」のリスクが無いのが一番嬉しいです。(お店に寄り喫煙可もあります)

ひとり焼肉専門店にも色々ある

ひとり焼肉専門店は年々増えてきていますが、まだそれほど多いわけではないですね。

何軒か行ってみましたが、それぞれ良いところ・悪いところ(気になるところ)が違ってあります。

例えば、同じ高田馬場にある「トノサマカルビ」さんは↓↓↓

【高田馬場】ひとり焼肉定食専門店「トノサマカルビ」オープン☆感想01
【高田馬場】ひとり焼肉定食専門店「トノサマカルビ」オープン☆感想

食券製でメニューがわかりやすく、キムチ・ナムルなどが食べ放題という良い点があります。

ですが、キムチ・ナムルやタレ、水などが2席ごとなので、隣の席の人に気を使うシーンもあります。

他の専門店でも、それに近いものが共通しており「もっと一人になりたい」という人もいるんじゃないかなと。

そんな人に良さそうなのが、今回の「焼肉 均一食堂39(サンキュー)」なんですね。

JR高田馬場駅から徒歩5分

焼肉 均一食堂39(サンキュー)さんは、JR・東西線 高田馬場駅から徒歩5分くらいの場所にあります。

早稲田通りを明治通り方向に真っ直ぐ行った、左手の赤い看板が目印です↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-01

焼肉メニューは全て390円

焼肉 均一食堂39(サンキュー)さんは、焼き肉メニューが全て390円とわかりやすい料金設定です↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-02

値段を気にせず、食べたいお肉を注文すれば良いというのはわかりやすいですね。

問題はボリューム。

セット料金の説明

焼肉 均一食堂39(サンキュー)さんで、メニューをセットで注文する場合の価格はこうなります↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-03

通常は、肉+肉+ライスセットで980円+税という感じですね。

2階建て合計31席、全席「禁煙」

焼肉 均一食堂39(サンキュー)さんは、2階建てで1階席と2階席全て合わせて31席です。

カウンターに1人席が4~5席ずつ並んでいます。

ある程度の人数なら、グループでも並んで利用することも可能ですね。

個人的に「全席禁煙」はかなり嬉しいです。

席ごとに仕切られて嬉しい

焼肉 均一食堂39(サンキュー)さんは、それぞれの席が擦りガラスで仕切られています↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-04

他のひとり焼肉専門店には、あまりないシステムなので嬉しい人は多いかなと。

斜めにカットされているので、完全に閉鎖されているわけでもないのも「程よい」なと。

水も「すべてが独り占め」が嬉しい

焼肉 均一食堂39(サンキュー)さんは、各席が区切られているので目の前にあるものが全て「自分専用」なのが嬉しいです↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-05

調味料も自分用というのは嬉しいですが、水もここでお代わりできるのもかなり嬉しいです↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-09

冷たい美味しい水が飲み放題です。

キムチやコチュジャンなどのサービスは無いですね。

タッチパネルで注文をする

焼肉 均一食堂39(サンキュー)さんの注文は、目の前にあるタッチパネルで行います↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-06

「店員さんに声をかけなくていい」というのは、人見知りさんには嬉しいシステムですね。

TOP画面から、肉、ライスセット、飲み物を選択します。

便利のようで面倒な印象

注文は、食べたいお肉を食べたい数選択して↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-07

ライス単品またはセットを選択して「送信する」をタップするだけです↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-08

いたってわかりやすいシステムですが、実際に操作をしていると「妙な不安感」を感じるのは僕だけではないはず。

Amazon.co.jpや楽天市場など、スマホで買い物をするのが好きな人が「注文する」ときに感じるアレですね。

注文する数(金額表示)が増える程その気持ちが増しますから、メニューもシンプルに「カルビ+ハラミ ライスセット」→「注文する」みたいに2タップで済むようになると嬉しいですね。

点火は誤作動防止が嬉しい

注文が終わったら網に火をつけておきます。

操作パネルは手前、右肘があたってしまう場所にありますが「ボタンを2つ同時に長押し」なので間違えてつけてしまうことは無いかなと↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-10

なるほど。

点火は、お肉が来てからでも十分間に合います。

肉+肉+ライスセット(980円+税)

今回注文したのがこちら↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-11

牛カルビと牛ハラミ、ライスセットです。

ライスセットは、ご飯とスープ、キムチがついてきます。

ライス普通サイズだと、ちょっと少ないかなという印象ですね。

牛カルビ390円の評価

今回は初めてということで、看板メニューでもある「牛カルビ」を注文しました↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-12

1皿390円なのでどんなお肉か気になりましたが、肉厚は程よく味も悪くはない印象ですね。

390円なら納得という内容でしょうか。

専用トングで「焼く←→食べる」

もちろん、各テーブルに1本専用トングがあります。

生肉はトングで焼いて↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-13

箸で取って食べましょう。

焼肉のタレは1種類で、他には「コショウ」「塩」「レモン汁」です。

ちょっと筋が気になってしまうカルビ

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-14

牛カルビを食べてみると、肉厚は良いのですがちょっと筋が固く気になってしまいました。

390円なら仕方ないのかなと思うのですが、「馬場の390円は相場が違う」という現状ですね。

なるほどですね。

ランチタイムに食べに行った感想

今回、焼肉 均一食堂39(サンキュー)には平日の13時頃に行ってみました。

場所的に、人がなかなか通らないので集客は苦戦している様子でした。

僕が行ったときで、満席になるのは難しいという状況でした。

13時はランチタイムになるのですが、焼肉 均一食堂39(サンキュー)さんには「ランチメニュー」がありません。

昼夜共通の価格でやってるそうですが、高田馬場のランチタイムの競争率は凄いんだぞと。

ランチタイムだけでも、メニューをシンプルに注文しやすい仕組みと価格があると嬉しいですね。

そして、焼肉 均一食堂39(サンキュー)は「ライス大盛りが有料」です。

僕はライスは普通盛りなので別にいいのですが、高田馬場でライス大盛り有料はかなり厳しいかなと。

せめて「学生は大盛り無料」であると嬉しいかなと。

焼肉 均一食堂39(サンキュー)さんの「独り占め」感は他には無いので一度体験しても面白いと思います↓↓↓

【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-05

また機会があれば行っていみたいと思います。

以上です。

Byさちお

<店舗情報>
焼肉 均一食堂39(サンキュー)
住所:東京都新宿区高田馬場2丁目2-1
電話:03-6233-7301
営業時間:11:00-22:00
最寄駅:東西線「高田馬場駅」7番出口(徒歩4分)
副都心線「西早稲田駅」1番出口(徒歩4分)
JR「高田馬場駅」(徒歩7分)
URL:http://yakiniku39.com/