【便利すぎる!】レンジでらくチンゆでたまごの作り方-時短レシピ-00

どうも!さちおです。

時間が無い朝食や完食、筋トレ時のたんぱく質摂取に美味しい「ゆでたまご」をレンジで簡単に作ってしまう「曙産業 レンジでらくチン ゆでたまご2ケ用 RE-277」が超便利なのでオススメです。

曙産業 レンジでらくチン ゆでたまご

【便利すぎる!】レンジでらくチンゆでたまごの作り方-時短レシピ-01

曙産業「レンジでらくチン ゆでたまご」は、タマゴ1個用~4個用まであります↓↓↓

今回は、2個用を購入しました。

実は今回で2回目の購入

実は、曙産業 レンジでらくチン ゆでたまごの購入は今回で2回目。

以前は4個タイプを持っていたのですが、その便利さゆえに使いすぎて台所がずっと「ゆで卵臭い」という状況に耐えきれず処分したんですね。

捨てなきゃよかったなと。

ゆでたまごは1度に食べれるのが最大2個なので、今回は2個タイプに買い替えました。

シンプルなセット内容

【便利すぎる!】レンジでらくチンゆでたまごの作り方-時短レシピ-02

曙産業 レンジでらくチン ゆでたまごは、「レンチンするだけ」のシンプルなアイテムです。

箱の中には、本体と説明書のみ。

細かいパーツなども無いので、使い方もいたってシンプルです。

3構造の特殊な容器

【便利すぎる!】レンジでらくチンゆでたまごの作り方-時短レシピ-03

曙産業 レンジでらくチン ゆでたまご本体は、蓋、中敷き、底容器の3構造。

これだけで、レンジでゆで卵が出来るというから不思議ですよね。

ゆで卵の作り方

1.底容器に水を張ります

【便利すぎる!】レンジでらくチンゆでたまごの作り方-時短レシピ-04

底パーツの内側のラインまで水を入れます。

大体それくらいだったらOKです。

2.中敷きをセット

【便利すぎる!】レンジでらくチンゆでたまごの作り方-時短レシピ-05

中敷きをセットして生卵を2つ置きます。

タマゴは常温でなくてもOKです。

穴を開けたりする必要もありません。

3.しっかり蓋を閉める

【便利すぎる!】レンジでらくチンゆでたまごの作り方-時短レシピ-06

蓋を乗せて、サイドの黄色いパーツでしっかりと固定します。

蓋と中敷きは金属で囲まれているので、底容器だけが熱せられてお湯になります。

上部のあなから水蒸気が逃げる構造です。

4.レンジでチン

【便利すぎる!】レンジでらくチンゆでたまごの作り方-時短レシピ-07

電子レンジ600Wで10~11分チンします。

10分で半熟、11分で黄身が固くなりました。

5.水で一気に冷やす

【便利すぎる!】レンジでらくチンゆでたまごの作り方-時短レシピ-08

蓋を取って、容器に乗せたまま卵を冷やします。

チンし終わって、冷却のタイミングが早いほど殻が剝けやすいです。

6.完成

【便利すぎる!】レンジでらくチンゆでたまごの作り方-時短レシピ-09

ツルンと剝けました。

作業的には、水を入れて卵を乗せて蓋を締めてチンなので一瞬ですね。

塩よりも「めんつゆ」で食べるのが好き

600W10分チンで半熟です↓↓↓

【便利すぎる!】レンジでらくチンゆでたまごの作り方-時短レシピ-10

塩が切れていたので麺つゆで食べましたが、麺つゆのほうが好きですね↓↓↓

手間を考えると塩が楽です↓↓↓

2個用も4個用も作業は変わらないので、一気に作って「味付け玉子」にするのも良さそうですね。

かなり便利なのでオススメです。

Byさちお