【コロナ】マスクのゴムで耳が痛いAmazonで人気の対策グッズ2選-00

どうも!さちおです。

「マスク」の長時間の着用で「耳の後ろが痛くなる」対策に、Amazon.co.jpで人気の「シリコンイヤーフック」もしくは「マスクフック」を試してみてはいかがでしょうか。

価格や選び方など参考にしてみてください。

マスクのゴムで耳が痛くなる

【コロナ】マスクのゴムで耳が痛いAmazonで人気の対策グッズ2選-08

マスクの長時間着用で、耳の裏が痛くなってしまう人は多いと思います。

使い捨てマスクなど、価格のの安いマスクほどゴムが固く食い込んでしまいまいます。

また、マスクのサイズが合っていないのも痛みの原因です。

「耳が痛くなりにくいマスク」もありますが、今だ入手困難もしくは価格高騰です↓↓↓

買い直すにしても、ようやく手に入れたマスクを使わないのも勿体ないですよね。

そんな時は、耳が痛くなりくくなる「イヤーフック」や「マスクフック」を使うと良いです。

頭の後ろで固定する「マスクフック」

【コロナ】マスクのゴムで耳が痛いAmazonで人気の対策グッズ2選-01

まずは「マスクフック」のご紹介。

今回は、Amazon.co.jpで「Amazon’s Choice」に選ばれているマスクフックを買ってみました↓↓↓

「Amazon’s Choice」とは、いわゆるAmazonの「イチオシ」商品です。

スポンサー商品とは違い、Amazon側で良い商品と判断したもの(即発送、高評価、良価格)です。

5本入りで899円でした。

強度は程よく長持ちしそう

【コロナ】マスクのゴムで耳が痛いAmazonで人気の対策グッズ2選-02

素材はPE(ポリエチレン)で、思ったより強度がありました。

固すぎず柔らかすぎずというくらいでしょう。

柔軟性があるので長持ちしそうな印象ですね。

マスクフックの装着方法

【コロナ】マスクのゴムで耳が痛いAmazonで人気の対策グッズ2選-03

マスクフックの基本の使い方は、フックの等間隔の場所にマスクのゴムをかけて後頭部で固定します。

フックが3段階になっているので、大人から子供まで使えるでしょう。

後ろで引っかけるので、左右同じ場所に引っかけるのには慣れが必要でしょう。

基本はこれくらいの位置になりますが、髪型を崩したくない場合は首のあたりまで下げても使えます。

弧の位置でも耳の上部には触れます↓↓↓

【コロナ】マスクのゴムで耳が痛いAmazonで人気の対策グッズ2選-04

位置を下げると耳への負担があがりますが、後ろで引っ張ってる状態なのでほぼ負担はありません。

マスクフックの良いところと悪いところ

しばらくマスクフックで過ごしてみた感想です。

耳への負担はほぼ無くなり快適に使用できます。

フックの位置が一番外側なので、見ずにかけることも簡単です。

食事や水を飲むときマスクをずらす際に、首にかける状態になるので起き場所に困らないので良いですね。

悪いところと言えば、後ろに引く分マスク本体が顔に食い込むということでしょうか。

その場位はフックの位置で調整すると良いのですが、頭が大きい場合はもっと大き目のフックが必要になります。

僕の場合はこのサイズで問題無かったので、大抵の人は大丈夫だと思います。

翌日に、不意にフックが行方不明になるのですが予備が多いので安心です。

気になるのはデザイン性くらいでしょう。

耳をカバーする「シリコンイヤーフック」

【コロナ】マスクのゴムで耳が痛いAmazonで人気の対策グッズ2選-05

どうにも後ろで止めるのが慣れないという人はイヤーフックはどうでしょう。

こちらはプライム対応のセットが多いものをチョイスしました↓↓↓

12個入りで1,588円でした。

サイズが大小2種類、6個ずつ入っています。

シリコンイヤーフックの装着方法

【コロナ】マスクのゴムで耳が痛いAmazonで人気の対策グッズ2選-06

シリコンイヤーフックは、使いたいマスクのゴムに通して使います。

後ろ側が割れているので、押し広げてからゴムを通します。

左右は同じなので、上下だけ間違えないように通しましょう。

耳に当たる部分をまるっとカバー

【コロナ】マスクのゴムで耳が痛いAmazonで人気の対策グッズ2選-07

装着するとこうなります。

ゴムが耳に当たる部分にカバーがあるので、ゴムの痛さは無くなります。

耳に負担があることに変わりはないですが、シリコンが柔らかいのでかなり楽です。

マスクの脱着はいつも通りにできるので使いやすいですね。

イヤーフックの良いところ悪いところ

シリコンイヤーフックをしばらく使ってみた感想です。

マスクの脱着は普段通りで問題無いのですが、都度フックの位置が少しずれるので調整が面倒です。

それよりも、フック自体を毎回つけたり外したりが思ったより面倒です。

シリコン製なのでやわらないのですが、脂を吸収してしまうので手入れを細かくする必要があります。

見た目がより自然なのは良いですね。

慣れていけば使い良くなるかもしれません。

どっちがオススメ?

マスクフックとシリコンイヤーフック、どちらかを選ぶとしたら「マスクフック」かなと。

理由は、「面倒さ」。

マスクフックだと「フックにかけるだけ」なのですが、イヤーフックだと「シリコンの後ろを爪で開いて上からゴムを押し当てて下まで沿わせて入れていく」のが毎回面倒です。

マスクフックは耳の締め付けが軽減される分、顔全体が後ろに締め付けられるストレスが上がります。

これも慣れでどうにかなるのかなと。

マスクフックがストラップ代わりになるのもポイントが高いです。

あとはデザイン性の問題なので、Amazon.co.jpで「長め」もしくは「伸縮性」があってデザイン性の良いものを探してみるのが良いかなと↓↓↓

参考:Amazon.co.jpで「マスクフック」を検索

以上です。

Byさちお