【おすすめ】夏の夜に安逸屋クールひんやり敷きパッドを試してみた。

どうも!さちおです。

暑い日が続きますが、夜はしっかり寝れてますか?

暑くて寝苦しい夜(熱帯夜)は、エアコンで涼しくしたいところですがエアコンをつけっぱなしの電気代も気になるところ。

かと言って、エアコンをつけずに寝て熱中症になってしまうのも問題です。

そこで、涼しく眠れる「寝具」を合わせることで、エアコンの設定温度を1℃でも上げてエアコン代を節約しましょう!

いわゆる「ひんやり系」の「冷感寝具」なんですが、冷感寝具にも色々あるので迷いますよね。

今回は、僕が使ってる冷感寝具を紹介したいと思います。

まずは「敷きパッド」↓↓↓

僕は、安逸屋さんの接触冷感敷きパッドを使ってます。

敷きパッドにも色々あるのですが、調べてみると価格はピンキリ。

安いと「毛玉が出やすい」や「1シーズンしか使えなかった」などのレビューが目立ちます。

高額なものは評価も高いのですが、そこまでお金はかけたくないというのが本音。

色々比較していった中で、一番気になったのがこちら↓↓↓

まくら株式会社さんの『麻夢物語』が評価・レビュー・価格で良さげだったのですが、良く見ると「セミダブル」が無い。

うちはセミダブルなので断念。

で、次に気になった安逸屋さんの敷きパッドを購入しました↓↓↓

【おすすめ】夏の夜に安逸屋クールひんやり敷きパッドを試してみた。

こちらも、評価・レビュー・価格的に良い感じでした。

「言うほど涼しくない」というのが気になったのですが、去年まで使ってたジェルタイプの敷きパッドが「涼しすぎて風邪を引く」ということがあったので僕には良いんじゃないかなと。

Amazonプライム対応ですぐに到着しました↓↓↓

【おすすめ】夏の夜に安逸屋クールひんやり敷きパッドを試してみた。

洗濯OKですね↓↓↓

【おすすめ】夏の夜に安逸屋クールひんやり敷きパッドを試してみた。

触ってみると、サラサラしてます↓↓↓

「ひんやり」はしないですが、包み込まれないので暑苦しくならないという感じです。

素材は、表地 ポリエステル51% ナイロン49%、中綿 ポリエステル100%、裏地 ポリエステル100%なので、全体が化学繊維ですね!

なので、優しくはないです。

かと言って、ベタベタしたり蒸れたりはしないので良さげですね!

四隅の裏にゴムバンドがついています↓↓↓

【おすすめ】夏の夜に安逸屋クールひんやり敷きパッドを試してみた。

ボックスシーツなどに固定できます。

そして、枕に敷くパッドも注文。

今までは、小さめのジェルタイプのを使っていたのですが、毎回位置がずれるのが面倒だなとおもっていたので「大き目」サイズを注文↓↓↓

Kingstarさんの「ひんやり枕」です↓↓↓

【おすすめ】夏の夜に安逸屋クールひんやり敷きパッドを試してみた。

こちらもAmaoznプライム対応なのですぐに到着しました↓↓↓

【おすすめ】夏の夜に安逸屋クールひんやり敷きパッドを試してみた。

広げると、30cm x 55cmあります↓↓↓

【おすすめ】夏の夜に安逸屋クールひんやり敷きパッドを試してみた。

今使ってる枕とほぼ同じサイズなので、枕カバーの内側に入れればずれることは無いなと。

厚みもあります↓↓↓

【おすすめ】夏の夜に安逸屋クールひんやり敷きパッドを試してみた。

今まで使っていたジェルタイプは、「ジェルボール」タイプだったので厚さが均一でなかったのが気になってました。

これは、シートタイプなので寄ることはないです。

設置↓↓↓

【おすすめ】夏の夜に安逸屋クールひんやり敷きパッドを試してみた。

枕パッドは、枕カバーの内側に入れて使います。

実際に使ってみると、「程よいサラサラ感がちょうど良い!」のと、「枕バッドがほとんどズレなくて良い!」です。

熱い夜でもエアコン無しで行けてます。

お風呂上がりに部屋を冷やしておいて、寝る寸前にエアコンを切って扇風機を2時間タイマーで朝まで眠れてる感じですね!

敷きパッドは、やはり「ひんやり」しませんが「ずっとサラサラ」なので暑くならないです。。

ひんやりしないので、寒すぎて風を引くことも無いので良いんじゃないかなと。

毛玉などの耐久性は、使い続けてみないとわかりませんが、コスパ的には文句ないなという感じです。

ただ、化学繊維的なのが苦手という人は、麻や綿タイプのものを探してみたほうが良いと思います。

参考までに♪

Byさちお

この後に読まれてる記事は?