【rimOnO】「人にやさしい街」を実現する電気自動車を応援しよう!

どうも!さちおです。

「人にやさしい街」を実現する布製ボディのカワイイ電気自動車「rimOnO(リモノ)」の公道走行を実現しよう!というお話です↓↓↓

参考:「人にやさしい街」を実現する布製ボディのカワイイ電気自動車の公道走行を実現しよう!

ドライバーと歩行者の双方が安心して共存できる「超小型でスピードの出ない乗り物」として、幅広い世代に受け入れられる“カワイイ”をコンセプトにした「布製やわらかボディ」の電気自動車rimOnO(リモノ)』の開発が進められてきました。

開発は、元官僚(経済産業省)の伊藤慎介氏、元トヨタ自動車で工業デザイナーの根津孝太氏、自動車エンジニア集団を抱える奥村康之氏の3人からなる株式会社rimOnO(リモノ)さん↓↓↓

参考:株式会社rimOnO(リモノ)

根津孝太さんと言えば、ミニ四駆「ライキリ」や「アストラルスター」、RCカー「ライキリGT」「ライトニングホーク」の↓↓↓

デザイナーということでご存知の方も多いと思います。

他には、「サーモスマグ」や↓↓↓

「Afternoon Tea LIVING BF72 ランチボックス」↓↓↓

 

などで、作品に触れたことのある方も多いと思います。

また、カッコ良過ぎる電動バイク「zecOO(ゼクー)」を見たことがあるという方も多いかと↓↓↓

そして、2016年5月に『rimOnO(りもの)』の試作第一号が発表されました↓↓↓

しかし、その後の開発に必要となる資金調達に苦戦していて、量産化の第一歩である「公道走行試験」に着手できていないそうです。

そこで、公道走行試験車を製作するための「クラウドファンディング」が実施されました↓↓↓

参考:「人にやさしい街」を実現する布製ボディのカワイイ電気自動車の公道走行を実現しよう!

目標金額40,000,000円に向けて、1口3000円から「誰でも」応援(投資)することが出来ます。

ただ投資するだけではなく、金額に合わせて『rimOnO(りもの)』オリジナルグッズなどのリターンがあります↓↓↓

・壁紙ダウンロード&WEBページお名前掲載&活動報告
・rimOnO専用グッズ(Tシャツ)
・rimOnO専用グッズ(大分県産ひのきスリッパ)
・rimOnO専用グッズ(イヤフォン)
・ペーパークラフト版rimOnO&rimOnO専用グッズ(3種類すべて)
・公道走行版rimOnOの合同試乗会へのご招待
・シリアルナンバー入りrimOnOナンバープレート など

高額投資の方には、もっと素晴らしい特典がありますので詳細はWEBサイトでチェックです↓↓↓

参考:「人にやさしい街」を実現する布製ボディのカワイイ電気自動車の公道走行を実現しよう!

また、それに合わせて全国のPARRCO(パルコ)8店舗で、『rimOnO(りもの)』試作車に会える(触れる?乗れる?)イベントが行われます。

スケジュールはWEBサイトで。

是非、本物に触って「応援するべきだ」ということを実感してみて下さい♪

僕も行きます!!

微力ながら僕も応援させていただきましたので、これからの『rimOnO(りもの)』の展開をチェックし続けたいと思います。

街中で『rimOnO(りもの)』を見かけるときが来るのが楽しみです♪

Byさちお

参考:「人にやさしい街」を実現する布製ボディのカワイイ電気自動車の公道走行を実現しよう!