【腕時計】電池交換時に切れた裏蓋ゴムパッキンを修理する方法-通販00

腕時計の電池が切れたので自力で電池交換をしようとして、裏蓋のゴムパッキン(Oリング)を切断してしまったのでどうしようかなと↓↓↓

【腕時計】電池交換時に切れた裏蓋ゴムパッキンを修理する方法-通販01

裏蓋がねじ式ではない場合、裏蓋を開けるための工具があります↓↓↓

これはダイソー(百均)でも売ってます。

それで無知に開封してしまいゴムパッキンを切断してしまったんですね。

そんな時は、Amazonで同じサイズの裏蓋パッキンを購入しましょう↓↓↓

【腕時計】電池交換時に切れた裏蓋ゴムパッキンを修理する方法-通販02

切れてしまったゴムパッキンは捨てる前に寸法を測っておきます。

直径とゴムの太さですね。

1mm以下の太さの場合は測定が難しいですが、太0.2mm太いだけで蓋が閉まらなくなるので勘で買うなら細めかなと。

僕の場合は0.5でちょうど良かったです↓↓↓

【腕時計】電池交換時に切れた裏蓋ゴムパッキンを修理する方法-通販03

と言うわけで直りました↓↓↓

【腕時計】電池交換時に切れた裏蓋ゴムパッキンを修理する方法-通販04

太さが不安な場合は、前後のサイズを一緒に買っておくといいかもしれません。

参考までに。

Byさちお

この後に読まれてる記事は?