【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠00

どうも!さちおです。

本屋で見かけたことがある方も多いかと思いますが、8月下旬に発売されたDeAGOSTINI(デアゴスティーニ)の新刊「週刊 NISSAN GT-R NISMO」が”ヤバイ”ので気をつけたほうが良いぞというお話↓↓↓

何が”ヤバイ”のかというと、本屋さんに置いている1号付録の「サンプル」なんですよね↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠15

これを手に取ってしまったら最後↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠16

お買い上げ↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠01

サンプルを触って見るとわかるのですが、そのディテールといい重量感といい、男の子ならグッと惹かれるものがあります↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠02

しかも、創刊号は安いし良いかなって↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠03

490円。

正直なところ、僕的にはGT-Rが特に好きってわけじゃないんですがね。

いろんなミニカーを触ってるせいか、「手に取る」ことで「違い」がズンとくるというか。

まぁ、1/8スケールなので再現度は高いのは当たり前だし↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠04

完成したら凄いことになりそうだし↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠05

完成前からワクワクするなと↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠06

DeAGOSTINI(デアゴスティーニ)と言えば、完成までにかなりの号数を買わなきゃいけないというのは基本。

今回の「週刊 NISSAN GT-R NISMO」も、完成までに100号かかります↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠07

創刊号は安いから良いとして、100号までの合計を計算すると↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠08

なんと、合計18万円くらいかかる計算になるんですよね。

そりゃ無理だわと。

まぁ、今回は「創刊号だけ」ということで開封↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠09

他のシリーズと同様に、本の部分のパーツ(付録)になってます↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠10

ここだけでもヤバイ↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠11

ここは金属なので、かなりの重さがあります。

付属のドライバーで、説明書通りに組み立てて行きます↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠12

サクサク進みます↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠13

そして完成↓↓↓

【手に取っちゃダメ!】デアゴスティーニ NISSAN GT-R サンプルの罠14

今回の内容だとここまでになります。

本屋さんに置いてたサンプルと同じ状態ですね。

かなり良い感じです。

問題は「この先」ですが、100号まで買い続けるつもりはさらさらないのです。

だけどこのままだと勿体無いので、せめて「ここ周辺」だけは完成させたいなと。

フロントタイヤ半分くらいから前だけなら、そんなにお金がかからず絵になるかなと。

頑張れば、そこまで手作りで再現できなくなさそうだし。

まぁ、改造してiPhoneケースにしたり、ベルトのバックルにするのも面白いでしょう。

気づいたらめっちゃ買ってたりするので気をつけなきゃなと。

なので、くれぐれも本屋さんのサンプルを手に取らないように気をつけてください。

絶対ですよ?

以上です。

Byさちお

この後に読まれてる記事は?