【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する00

どうも!さちおです。

「お洒落」で「安い」カーテンと言えば「IKEA(イケア)」の北欧カーテンですが、実際に買おうと思うと色々わかりにくいことがあったので買おうか迷ってる人は是非参考にしてもらえたらなと↓↓↓

参考:IKEAカーテン

今回、買い換えたいカーテンがこちら↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する17

引越しのバタバタで間に合わせで購入したSEIYUカーテンをそのまま使ってたのでそろそろ替えたいなと。

いわゆる「腰高窓」で、高さが短い窓ですね。

ベッドを低いタイプに買い換えたので、冬場は冷気が顔にかかるのでその点も改善したいなと。

それから、縦長の「縦滑り出し窓」がカーテン無しで放置してたのでついでに↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する18

今回購入したカーテンは、寝室用なので落ち着いたネイビーの遮光カーテン↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する01

「MAJGULL マイグル」というシリーズで、2枚組で4,999円です。

IKEAカーテンは「遮光」になると+1,000円くらいになります。

IKEAカーテンは安くて良いのですが、日本規格では作られていないので「調整」が必要になります↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する02【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する02

日本の窓の平均が100×135〜100×200なので「かなり大きめ」になってます。

自由に調整できるように大きめに作っているので、逆に調整が面倒だという人には向かないカーテンですね。

IKEAカーテンは基本が145cm x 250cmなので、探しても「ちょうど良いサイズ」は置いてません。

子供部屋用カーテンというのもありますが、種類が少ないので「カットして使うもの」だと理解します。

カットしてミシンで縫ってって面倒だ!!という人のために、IKEAでは調整して家まで届けてくれる「ソーイングサービス」が1,500円で用意されています↓↓↓

参考:IKEAソーイングサービス

これを利用すれば解決ですが、結局価格が上がってしまうのでどうにかできないのかなというのが今回の試み。

その前に、カーテン購入前に混乱したこの表記↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する03

なんか色々買わないと使えないのかなと思ったのですが、つまり「こんな使い方ができますよ」という記載なので「必要なもの」だけ替えばOKです。

一般的な日本のカーテンであれば、カーテンコーナーに置いてる「RIKTIG リクティーグ」というカーテンフック(20本/399円)を購入します↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する09

カーテン1セットに20本使うので「ちょうど」の数が入ってます。

一般的なカーテンフックも使えなくはないですが↓↓↓

「ヒダ」部分を作るためにはIKEAのカーテンフックが必要になります。

フックのカーテン側が2本になっていて、それぞれをポール通し用の縦糸束から両方に3穴のところに通して「ヒダ」を作ります↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する10

ここを調整することでヒダの大きさや、カーテンの横幅を調整することができます。

次に、カーテンを適当な長さにカットします↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する05

布のカットにはチャコペンと裁断バサミが必須ですが↓↓↓

今回は「気合い」でどうにかしました。

横幅145cmは問題なので、縦幅を160cmと90cmにカット。

端を折り返しますので、必要な長さより3cmくらい長めにカットします。

そして切断部分を折り返してアイロン、ミシンで縫って出来上がりなのですが「ミシンが無い!」という人には便利な「アイロンシール」が売っています↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する06

参考:SY スィーアイロン圧着式裾上げテープ

SY スィーアイロン圧着式裾上げテープ」という名前で10m/249円です。

Amazon.co.jp等でも売ってますが↓↓↓

面倒なので一緒に買ってしまいます。

こんなのもあるのね↓↓↓

使い方は、まずアイロンであらかじめ折り目をつけておいて↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する07

その間にアイロン圧着式裾上げテープを挟んでアイロンします↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する19

ポイントとしては、アイロン面が凸凹ではなく平らになってる状態にします。

それと、角は厚めに挟み込んほうが良さそうです↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する08

これで、1つ目のカーテンが完成しました↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する14

ちょっと長さがギリギリでしたが、冷気は防げそうなのでよかったなと。

遮光性も高く満足です。

ただ、フックが合計20に対してうちのカーテンレールの引っ掛ける玉が18だったので、玉を増やすか1箇所に2つ掛けるようになります。

そして次に、残りの切れ端1枚をカーテンにします。

同様に、カット部分を折り返してアイロンテープで貼り付けます。

そして、カーテンフックを差し込むアイテム↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する11

「KRONILL クローニール」という「ヘディングテープ」ですね↓↓↓

参考:KRONILL クローニール

8.5×310 cmで299円。

これがあれば、どんな布でも「ヒダ」付きのカーテンにできます↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する12

これまたミシンで縫い付けるのですが、アイロンテーブでも接着可能です↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する13

そんなこんなで設置↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する15

・・・と、こちら横幅が足りずレーンが余ってしまいました(汗

まぁ、窓は完全に隠れているので良しとしようかなと。

こっちの横幅を増やすとメインの隙間冷気が防げないので、これがベストかなと。

IKEAカーテン1セットで2箇所のカーテンが作れて、余りの材料がこちら↓↓↓

【IKEA】おしゃれで安い北欧カーテン(遮光)をミシン不要で調整する16

カーテン切れ端1枚と、フックは1箱でカーテン1箇所全部使うので2箱買ってのこれだけ余りです。

ヘディングテープもアイロンテープもかなり余るので1つずつで十分ですね。

参考にしてみてください。

以上です。

Byさちお

この後に読まれてる記事は?