【失敗作?】亀田製菓 柿の種 トリュフ味&うに味を食べてみた。00

「柿ピー」「柿の種」と言えば亀田製菓さんですが、その亀田製菓さんの新作「亀田の柿の種」2種が思いの他「不人気」という話です。

発売したのは昨年9月で、「亀田製菓 贅沢仕立て亀田の柿の種 トリュフソルト味」「亀田製菓 贅沢仕立て亀田の柿の種 うに醤油味」という「高級感」を意識した新味なんですよね↓↓↓

商品名的には美味しそうに感じるのですが、これが何故「不人気」なのかことで真相を確かめなきゃなと。

まずはAmazon.co.jpをチェック↓↓↓

【失敗作?】亀田製菓 柿の種 トリュフ味&うに味を食べてみた。08

レビュー数は少ないですが、3人中3人が「☆1」という低評価。

レビューも、悪口ではなくちゃんとした内容なんですよね↓↓↓

【失敗作?】亀田製菓 柿の種 トリュフ味&うに味を食べてみた。09

どうしたんだろうなと。

百聞は一見に如かずということで、実際に食べて確かめてみようと↓↓↓

【失敗作?】亀田製菓 柿の種 トリュフ味&うに味を食べてみた。03

パッケージのデザインは、これまでと全く違う高級感を感じるものになってます。

裏もチェック↓↓↓

【失敗作?】亀田製菓 柿の種 トリュフ味&うに味を食べてみた。04

この辺が、過剰に期待をさせてしまってるのかもしれませんね。

今回は小分けタイプをチョイスしました↓↓↓

【失敗作?】亀田製菓 柿の種 トリュフ味&うに味を食べてみた。05

中身は、柿の種が通常のものよりかなり大きくなってます↓↓↓

【失敗作?】亀田製菓 柿の種 トリュフ味&うに味を食べてみた。06

うに味には「わさび豆」が入ってます。

食べてみると、うにの味は「思ったよりしない」というのが本音。

と言うか、「柿の種」味が強すぎて「うに味」が負けてる印象ですね。

こういう場合は、多めに口にほおばって一気に食べると実感しやすいんですよね。

・・・か、しかし。

でも、考えてみたらこれ以上うに味が濃いと好き嫌いが出てしまうんじゃないかなと。

おそらく、試食に試食を何度も重ねた結果の濃さなのかなと。

そして、わさび豆のアクセントが「うに感」をさらに弱めてしまうと。

なるほど。

わさび豆をよけて食べ続けると、それなりに「うに感」はありますよ。

しかし「うに」<「柿の種」というのは変わらずです。

はい。

そして、トリュフ味もチェック↓↓↓

【失敗作?】亀田製菓 柿の種 トリュフ味&うに味を食べてみた。01

こちらは「チーズ豆」なんだねぇ。

そもそも「トリュフ」の味ってどんな味だって↓↓↓

【失敗作?】亀田製菓 柿の種 トリュフ味&うに味を食べてみた。02

ふむ↓↓↓

【失敗作?】亀田製菓 柿の種 トリュフ味&うに味を食べてみた。07

やはり「トリュフ味」自体がわからないので、これが良いのか悪いのか判断できませんね。

こちらも「うに味」同様に「柿の種」味が勝ると。

うん。

両方食べてみてわかったのが、いずれも「予想以上ではなかった」ということかなと。

「贅沢仕立て」というから、「パウダー250%ハッピーターン」みたいな物凄いものを期待してしまったのかなと↓↓↓

ハッピーターンも亀田製菓さんの商品なので、今回も「うに250%」くらいの想像できてしまうのかなと。

いざ食べてみると全然違ったと。

「贅沢なのは濃さではなく味(風味)ですよ」ということですね。

はい。

亀田製菓さんに限らず、「定番味が良過ぎる」場合「新作が伸びにくい」というのはよくある話。

今回の新味「亀田製菓 贅沢仕立て亀田の柿の種 トリュフソルト味」「亀田製菓 贅沢仕立て亀田の柿の種 うに醤油味」は、「今までと全く違った柿の種」ということで試してみても良いんじゃないかと思います。

意外とハマるかもしれませんよ。

是非♪

ちなみに、僕が一番好きなのは「梅しそ」味です↓↓↓

Byさちお