【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-00

どうも!さちおです。

今回は、「ミニ四駆でBrütsch Mopetta(ブルッシュ・モペッタ)を作りたい」ということで、作業工程など書いていきたいと思います。

まずは、モペッタについてのお話から。

ブルッシュ・モペッタとは?

Brütsch Mopetta(ブルッシュ・モペッタ)は、1956〜1958年の間にわずか14台のみしか生産されなかった50ccの「マイクロカー」。

そのキュートさは、今の時代でも惹かれる人は多いかなと↓↓↓

是非、これを「ミニ四駆」で作ってみたいなということでプロジェクトスタート。

シャーシ制作「3輪にしたい」

モペッタの特徴は「3輪」なので、もちろんそこは再現したいなと。

3輪駆動は難しいので、前輪は回転のみで試作↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-01

シャーシは「TZシャーシ」を使用。

「走行する」ことは前提なので、スイッチのON/OFFを考えるとこの形になるかなと。

しかし、これだとホイールベースが広すぎるということで電池を単三から単五に変更して調整↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-02

とりあえず、これでバランス良く「走行可能」の3輪シャーシができました。

ボディ制作「PCマウスで再現」

モペッタの「卵型」ボディは、やはり僕の得意な「パソコンマウス」での再現だなと。

パソコンマウスを使った作品づくりは、過去に何度か行っております↓↓↓

【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その3(ラスト)
【優秀賞!】ミニ四駆コンクールデレガンスに再挑戦しMAX その3(ラスト)

今回はPCマウスを2つ使って再現したいと思います↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-03

2つのPCマウスを1つに合体させる

今回は、PCマウス1つだと大きさが足りないので2つを合わせて大きな形を作ります↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-04

まずは縦を延長してから、3つに切断↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-05

横に延長します↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-06

それからさらに高さも延長↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-07

ある程度、デフォルメしつつ調整していきます。

延長した隙間は、プラバンでザックリ固定してから↓↓↓

「アクリルパウダー」で固めます↓↓↓

【ミニ四駆】強度パテ「プラリペア」代用品でコストを1/21にする方法
【ミニ四駆】強度パテ「プラリペア」代用品でコストを1/21にする方法

アクリルパウダーは、強度はバッチリなのですが固すぎるので加工が難しいです。

後で紹介する「ベビーパウダー」を使った方法をオススメしますね。

残った素材からパーツを制作

モペッタの後輪カバーは、カットしたPCマウスの残りから再現します↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-08

こちらも瞬間接着剤で固定してから隙間を埋めます。

強度は落ちますが、コストと操作性が抜群のベビーパウダーがオススメです↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-09

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓↓↓

【ミニ四駆】瞬間接着パテの代用品(ベビーパウダー&中粘度接着剤)
【ミニ四駆】瞬間接着パテの代用品(ベビーパウダー&中粘度接着剤)

表面をざっくり整えて様子見↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-10

ボディ側面の丸みが欲しい

丸みを出すなら「パテを盛る」という手もありますが、面倒なのとコストもかかるのでプラバンを重ねてから↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-11

プラバン同士の接着は、流し込みタイプのMr.セメントを使います↓↓↓

隙間をベビパテで埋めて↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-12

整形↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-13

上部の丸みも追加しました。

サフを吹いて様子見

とりあえず、ここまでで一旦サーフェイサーを吹いて様子を見ます↓↓↓

【工作】ミニ四駆で「ブルッシュ・モペッタ」を作りたい vol.1-14

モペッタは「丸み」が魅力なので、可愛い丸さを出しつつ進めて行きたいと思います。

今回はここまで。

Byさちお