【高田馬場】かつや系列新業態「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」感想-00

どうも!さちおです。

先日(2020年6月1日)、高田馬場に「かつや」の新業態である純豆腐(スンドゥブ)専門店「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」がオープンしたので食べに行ってきました。

新業態1号店が高田馬場にオープンしたぞ!!

【高田馬場】かつや系列新業態「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」感想-01

2020年6月1日に新たにオープンした「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」は、とんかつ専門店「かつや」の系列店です。

系列店では初の「純豆腐(スンドゥブ)」の専門店なのですが、なぜまた「高田馬場」という土地にオープンしたのか気になりますよね。

実は、ここは改装前は同系列の「岡むら屋」でした。

高田馬場駅からは割と近く人通りも多い大通りに面した立地だったのですが、同じ並びに「吉野家」「松屋」と並ぶ激戦区だったんですね。

やがて松屋さんは戦いを降り同系列のカツカレー屋さんにシフト、岡むら屋さんも伸び悩む中で「緊急事態宣言」。

そのタイミングを見計らったのか、緊急事態宣言解除から月が変わるタイミングでオープンしました。

高田馬場は中国系の飲食店が多いのですが、スンドゥブ専門店が無かったのでちょうどよかったのでしょう。

(以前は「まごころスンドゥブ」というお店がありました。好きでした。)

オープン5日間は特別価格で食べれるぞ‼︎

【高田馬場】かつや系列新業態「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」感想-02

プルコギ純豆腐 中山豆腐店オープン記念ということで、6月5日までお得にメニューが食べられます。

0.7牛プルコギスンドゥブ890円が700円、牛プルコギスンドゥブ1,280円が1,000円です。

と言っても、本日までのキャンペーンなので間に合うかどうか。

コロナの影響で閉店時間が早まっているかもしれませんが、ラストオーダーは22:30です!

間に合うか!?

デカイ手作り豆腐スンドゥブ

【高田馬場】かつや系列新業態「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」感想-03

せっかくなので、大きいサイズの「牛プルコギスンドゥブ」を注文しました。

ライスと漬物がついて1,280円が1,000円です。

ライスは「おかわり無料」。

純豆腐鍋の大半を占める豆腐の上に牛肉が乗ってます↓↓↓

【高田馬場】かつや系列新業態「プルコギ純豆腐 中山豆腐店」感想-04

豆腐は手作りで、作り方にもこだわっているようです↓↓↓

北海道十勝地方で主に栽培されている大豆の代表銘柄「トヨマサリ」の豆乳を使用。 添加物を一切使用せず、厳選された大豆と水のみで製造した豆乳を店舗で滑らかな食感の豆腐へ仕上げている。糖度は高く油脂分が少ない、ほんのり甘い上品な出来立て豆腐。

残りの具材は、玉ねぎとニラで海鮮系は入っていません。

辛さが0〜6まで選べますが、4以上は有料(+50円)になります。

食べてみた感想

食べ始め、一般的な「スンドゥブ」をイメージして食べたので「ん?」となりました。

よく見ると「プルコギスンドゥブ」という新メニューなんですね。

「プルコギ+スンドゥブ」です。

つまり、「プルコギが乗ったスンドゥブ」なので海鮮系のスンドゥブとはまったく違うものです。

例えると、「でっかい豆腐が入った辛いスープの牛丼(ライスは別)」という感じですかね。

「豆腐と牛肉のチゲ鍋」というか…「スンドゥブ」とは別物ですね。

食べるとわかるのですが、「かつやっぽさ」というか岡むら屋さんにかなり近い印象です。

大のスンドゥブ好きの僕からすると、正直なところ「これ違う」感が強いです。

しかし、豆腐+牛肉は高タンパクなので筋肉飯だし、辛さの上限も高めなのっで辛い物好きの人には良いのかなと。

岡むら屋さんっぽい「濃厚な味」は、仕事帰りのサラリーマンにグッとくる味なのかなと。

お酒の提供が始まればまた盛り上がるかもしれませんね。

気になる人はチェックしてみてください。

以上です。

Byさちお

<店舗情報>
中山豆腐店 高田馬場
03-5291-7155
東京都新宿区高田馬場1-26-12 高田馬場ビル 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13247112/