【パンケーキ】スキレットを使うならシリコンブラシが便利-100均-00

自宅でパンケーキを焼くときは「スキレット」を使った方が美味しいのですが、スキレットを使うならセリア(100円ショップ)のシリコンブラシを持っておくと便利です。

スキレットとは?

スキレットとは、鉄製の小さめのフライパンです↓↓↓

【リベンジ】ニトリ・3coins スキレットで3段パンケーキ作りに挑戦02

おしゃれなカフェでよく見かける「火傷注意」のフライパンですね。

市販でも1000円以下で購入できるので、パンケーキ好きな人は2〜3枚持ってても良いんじゃないかなと↓↓↓

一般的なフライパンで焼くより、圧倒的に美味しく焼けるのでオススメです↓↓↓

【リベンジ】ニトリ・3coins スキレットで3段パンケーキ作りに挑戦00
【リベンジ】ニトリ・3coins スキレットで3段パンケーキ作りに挑戦

シリコンブラシとは?

シリコンブラシは、その名の通りシリコン製のブラシです。

シリコンブラシにも形状・用途がありますが、今回紹介するのは「フライパンに油を引く」ときに使うタイプ。

油引きなら、お好み焼き屋さんな度でこのタイプをよく見かけると思いますが↓↓↓

うちで使う場合の、衛生面や見た目のことを考えるとシリコン製かなと↓↓↓

シリコンは熱にも強いので、熱したフライパンにも使えるんですね。

セリアのシリコン製油引き

シリコン製の油引きも、そんなに高額なものではないのですがセリア(100円ショップ)でも買えるのでチェック↓↓↓

【パンケーキ】スキレットを使うならシリコンブラシが便利-100均-01

本体が白で、毛(シリコン)が黒になっています。

100円+税です。

スキレットは内側の油引きが面倒

お使いのみなさんは分かると思いますが、スキレットはお手入れが若干面倒なんですね。

洗った後にそのまま干しておくと錆びてしまうので、洗った後に再度油を引く必要があります。

僕は面倒なので、使った後は洗わずに干しておき、使うときに洗ってから油を引くようにしています。

そして、スキレットの内側に油を引く作業が毎回面倒なのです。

キッチンペーパーを使って油を伸ばすのが一般的ですが、それも面倒だという場合はシリコンブラシを使います↓↓↓

【パンケーキ】スキレットを使うならシリコンブラシが便利-100均-02

油を多めに引いて、よく熱した状態で油を広げます↓↓↓

【パンケーキ】スキレットを使うならシリコンブラシが便利-100均-03

キッチンペーパーよりシリコンブラシの方が、注ぎ口部分にも塗りやすいので便利です。

これでかなり作業が捗ります。(さほど変わらないですが)

使った後は洗って保管

余った油は処分してパンケーキを焼きます↓↓↓

【パンケーキ】スキレットを使うならシリコンブラシが便利-100均-04

毛がヒモタイプの油引きの場合、使った後は「そのまま保管」もしくは「油に浸けて保管」になります。

これが衛生的にどうかなという問題すね。

シリコン製なので、綺麗に洗えて乾かしてから保管ができます↓↓↓

【パンケーキ】スキレットを使うならシリコンブラシが便利-100均-05

これで100円+税だから、持ってても良いんじゃないかなと。

是非探してみてください。

Byさちお