【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-00

どうも!さちおです。

焼肉屋さんに1人で入りづらいという人の為に誕生した「ひとり焼肉専門店」ですが、12月17日に高田馬場に新たにオープンした「焼肉ライフ 高田馬場店」に行ってきたのでレポートです。

ひとり焼肉専門店とは?

ひとり焼肉専門店とは、その名の通り一人で焼肉を楽しむためのお店です。

一般的な焼肉屋さんでもカウンター席などで1~2人で焼肉を楽しめるお店はありましたが、「専門店」というスタイルは最近生まれたものです。

コロナ騒動で「1人の空間」が重要視されたことで、元々半個室のひとり焼肉専門店が人気を伸ばしています。

参考:Amazon.co.jpで「ひとり焼肉」を検索
参考:楽天市場で「ひとり焼肉」を検索

高田馬場はひとり焼肉激戦区!?

ひとり焼肉専門店は聞いたことはあるけど見たことは無いという人も多いでしょう。

「一人で焼肉を食べる」というのは地域性が大きく出るので「どこにでもある」というお店ではないです。

そんな珍しいひとり焼肉専門店が、高田馬場には複数存在しています。

僕が知る範囲で今回を含め3店舗↓↓↓

【高田馬場】ひとり焼肉定食専門店「トノサマカルビ」オープン☆感想00
【高田馬場】ひとり焼肉定食専門店「トノサマカルビ」オープン☆感想
【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京-00
【ひとり焼肉】誰にも邪魔されない「39(サンキュー)」高田馬場/東京

上記2店舗も個性的なので、合わせて比較してみると楽しいと思います。

焼肉ライクさんに高田馬場

焼肉ライクさんは、株式会社焼肉ライクが運営するひとり焼肉専門店です。

ひとり焼肉専門店としては、業界トップクラスの全国50店舗位以上を展開しています。

東京都内だけでも23店舗あります↓↓↓

参考:焼肉ライク 店舗情報

焼肉ライクさんのコンセプトは↓↓↓

  • 欲しかった、1人で行ける焼肉屋
  • TASTY! QUICK! VALUE!焼肉のファストフード
  • 選べる部位、選べる量、選べるたれ。自分だけのカスタム焼肉。

”ひとりでサクッと焼肉を楽しめる”お店としてリピーターが増えているようです。

12/17 新規オープン 高田馬場店

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-01

そんな人気の焼肉ライフが高田馬場にも出店ということでチェックしなきゃなと。

この日(12/18)はオープン記念ということでお得にお肉が食べられました↓↓↓

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-02

どれも気になるメニューがかなりワンコイン、ではなくツーコインで食べられます。

それを知ってかたまたま通りがかったのか、13時で10人くらい行列ができていました。

席数が多いので10分くらいで入ることができました。

焼肉ライクのシステム

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-03

店内に入ると手の消毒をしてから席に案内されます。

ひとりのスペースは広すぎず狭すぎずという感じでしょうか。

木目のテープルに専用コンロ、右手にタブレット、左手にタレ(隣の席と共有)、トングと手前の引き出しに箸とおしぼりが入ってます。

席は完全な間仕切りではなくコロナ用の置き型でした。

座席は固定なので隣の席との間隔は均等です。

コンロは一人用で男性の手のひらくらいのやや小さめサイズ↓↓↓

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-04

手前のコントロールパネルで火をつけて待ちましょう。

タレは3種類、それとレモン汁、コチュジャン、おろしにんにくです↓↓↓

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-05

タレは隣の人と共有で使います。

席に着いたらタブレットで注文↓↓↓

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-06

初めての人は「初めてご利用の方はこちら」をチェックします。

そこには水がセルフサービスだったり、お会計の方法だったりが書いてます。

しっかりと読みましょう。

読み終えたら左のメニューからお肉やサイドメニュー、ドリンクなどを注文します。

後は待つだけです。

3分以内に準備完了

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-08

待っているとタブレットで呼び出されます。

タブレットを観たりタレをチェックしているとあっという間に出来上がるので3分も待ってる感じは無かったです。

「ファーストフード」とうたうだけありますね。

テーブルにある「ライクカード」を持って肉を受け取りに行きます↓↓↓

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-07

このライクカードはお会計時にも必要になります。

肉の少なさにビックリしました

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-09

肉を受け取った瞬間、肉の少なさにビックリしました。

チラシで見たお肉と全然違うなって。

騙されたのかと思ってチラシを見ると↓↓↓

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-13

「※写真は200gのイメージになります。」って。

これは完全に見落としてました。

見落としてた自分が悪いのですが勘違いさせる写真もどうかと。

まぁ、とりあえずそれは置いておいて。

6枚なので1回の投入で終わり↓↓↓

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-10

お肉は厚目で良い感じですね↓↓↓

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-11

タレを「焦がし味噌ダレ」と「生しょうゆダレ(コク)」で比べてみました。

後者の方が好みですね。

タレもお肉も悪くないと思うのですが・・・どうにも満足感は足りないなと。

お会計はセルフで簡単

【ひとり焼肉専門店】12/17オープン焼肉ライク高田馬場店レポート-12

焼肉ライクさんのお会計はセルフです。

ライクカードを読み込ませて、現金かカードで支払います。

馬場の他の2店舗は、普通レジと食券なので違いが出ますね。

セルフは楽で良いですが「ご馳走様」って伝える相手がいないのは寂しいですね。

うん。

焼肉ライクを体験した感想

最後に、高田馬場ひとり焼肉専門店3店舗の比較を含めた焼肉ライクさんの感想です。

イベント中ということで人が多かったのは関係なしと考えます。

まず良かった点は、肉の味とタレの味でしょう。

3店舗の中でダントツに美味しいと思います。

と言うのも、通常は880円のセットなので多店と比べて高いお肉です。

肉の厚みも合っていいですね。

セットでキムチとわかめスープがついて、ライス大盛り無料も男子には嬉しいでしょう。

気になった点は、通路を確保したかった為かテーブルと椅子が近く終始熱かったです。

今は気温が低いので良いものの、夏場はかなりきつくなるんじゃないかなと。

そして、「セルフ」にこだわって水を取りに行ったり肉を取りに行ったり席を離れる頻度が高いこと。

その間、荷物貴重品から離れるわけですから一瞬だとしても不安な人は不安ですよね。

しかも、仕切りが視角になっているので気づいてくれる人もいないわけで。

セルフだからと言って店員さんがいないわけではないので、肉ぐらい持ってきてほしいと思いました。

他の2店舗は、会計以外は自分の席で完了します。

最後はやはり「肉の量」でしょう。

写真を勘違いしていたのは仕方ないのですが、本来この内容で880円となると疑問を持つ人は多いんじゃないかなと。

新宿や池袋だったらまだわかりますが、高田馬場でこの内容で880円は難しいんじゃないかなと。

500~600円でお腹いっぱいになれるお店があふれている高田馬場では厳しいと思います。

学生の街なので価格設定とボリューム設定は重要ですね。

これからに期待ですね。

以上です。

Byさちお

<店舗情報>
焼肉ライク 高田馬場店
03-6457-3029
東京都新宿区高田馬場1-27-6
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13253000/