【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

どうも!さちおです。

『紅茶』にも色々ありますが、ノードクヴィスト社の「香り」に癒される紅茶「アロマティー」というのをご存知でしょうか?

ノードクヴィスト社は、1979年創業のフィンランドに「アロマティー」というコンセプトを初めて持ち込んだパイオニアです。

ノードクヴィスト社の「アロマティー」は、北欧のベリーやハーブ、フルーツなどのフレーバーがブレンドされているのが特徴で、茶葉から香料まで世界各地から最高級なものを調達し、無添加にこだわったすべて天然素材を使用しています。

そんな「アロマティー」を日本に持ち込んだのもノードクヴィスト社が初。

そして、その「アロマティー」のパッケージデザインはみんなご存知の「ムーミン」で、そのパッケージデザインは「マリメッコ」のデザイナーの方だというから好き過ぎだなと↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

 

ティーバッグタイプには2種類あって、こちらが「カフェイン入り」の「ブラックティー」4種入りです↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

「ブラックティー」は紅茶の濃いverで、烏龍茶で言う黒烏龍茶的な位置ですかね。

カフェインも、通常の紅茶より濃い目となります。

OPEN↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

味(香り)が4種類、各5個ずつ入ってます↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

それぞれ、味(香り)が違うので飲み比べてみます↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

ムーミンスキー柄が「ブルーベリーマフィンのフレーバー」。

これが「アロマ」なのか、香りが良いわりに味はいたって「紅茶」ですね。

後味が「ほのかに」な感じなのですが、香りの「抜け」から感じるのかな?というくらい「ほのか」です。

あくまでも「香り」を楽しむものなのかなという印象ですね!

次↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

ムーミンラブラブ柄が「ワイルドストロベリーのフレーバー」。

こちらも同様に「香り」重視。

見た目にもさほど違いはありませんね!

良い香り☆

次↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

ムーミン家族柄は、「ルバーブ&ストロベリーフレーバー」。

「ルバーブ」がよくわかりませんが、「リンゴに似たアンズのような香り」だそうです。

癒し☆

4つ目↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

ムーミン友達柄は、「レモンフレーバー」。

「レモンフレーバー」と言われると「レモンティー」を想像しますが、あくまでも「フレーバー(香り)」なので酸っぱくはないです。

爽やか☆

という感じで、ちょっと伝わりにくいですがあくまでも「香り」で楽しむ紅茶という「アロマティー」です。

「4つの味」と言うより「4つの香り」という新しい感覚なので、紅茶好きの人は一度体験してみるのはありだと思います。

もちろん「味」もこだわりの素材なので美味しいです。

ストレートで飲むより甘くして楽しんだ方が良いなと言う印象でした。

で、中には「カフェイン」が気になるなって人もいると思います。

そんな人にはこちら↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

 

こちらは、カフェインレスの「ルイボスティー(ローボスティー)」です。

ノンカフェインなので、朝一番の空腹で飲んでも大丈夫ですね↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

OPEN↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

こちらも、4種類の味(香り)が入ってます↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

ブラックティーと比べると明らかに色が薄い(普通の紅茶の色)です↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

こちらも飲み比べしたのですが、見た目には一緒でした↓↓↓

【ムーミン紅茶】日本初のアロマティー『ノードクヴィスト』の癒し

違いがこちら↓↓↓

ムーミン・・・ストロベリーシェイクフレーバー
ミイ・・・レモンチーズケーキフレーバー
スティンキー・・・チョコレートフレーバー
スニフ・・・バナナトバニラフレーバー

です。

こちらも「味」ではなく「香り」ですね!

なので、「ストロベリーシェイク味」ということではなく、「近い香りで例えると・・・」というアロマ的表現です。

ルイボスティーとしてはもちろん美味しいですので、「いつもと違うルイボスティー」を試してみたい人に良いと思います。

価格は、1杯あたり約42円。

普通の紅茶のように飲むと勿体ないので、リラックスしたい時間に「香りを楽しみながら嗜む」のがベストだと思います。

それが「アロマ」なティーなんだなと。

そして、このティーバッグver「抽出の濃度」が面白いです。

通常、ティーバッグを入れっぱなしにしてると紅茶が濃くなってしまいますが、これは濃くならないです。

1袋で1杯分。

どうやって調節しているのか不思議ですが、これも今までにない体験なのでチェックだなと。

なので、2分使ったらポイですね。

ティーポットには、リーフverをどうぞということですが。。。どうやら売り切れのようです。

もしくは店舗(ムーミンカフェ、カルディなど)のみかもです。

久しぶりにムーミンカフェに行ってみようかな♪

以上です!

Byさちお

参考:ムーミンカフェWEBページ