【カチャ音が気持ちイイ】青軸キーボード「LANGTU K1000」オススメ-00

どうも!さちおです。

キーボードを打つ時の「タイプ音/打鍵音」が気持ちイイ、amazonで人気の「LANGTU X1000 青軸 ゲーミングキーボード」のご紹介。

ゲーミングキーボードとは?

ゲーミングキーボードとは、一般的なキーボードとは違い、キーの内側に特殊なスイッチやバネが仕込まれているキーボードのことです。

更に複数キー同時押し機能を搭載しているキーボードはオフィスやゲーミングにも適しています。

「青軸」とは?

メカニカルキーボードには、「赤軸」「青軸」「銀軸」など「軸」が組み込まれています。

色によって特徴が異なります。

色による特徴の違いが文章でわかりにくい人は、実際にお店で触ってみることをオススメします↓↓↓

参考:メカニカルキーボードの〇〇軸とは?どんな違いがあるの?

「カチャカチャ音」なら青軸キーボード

「青軸」は、スイッチ感の強い打鍵が特徴的なキースイッチです。

青軸はクリック感が強いので、しっかりと入力している感触が欲しいユーザーにおすすめです。

リズム感のある「カチャカチャ」とした打鍵音も青軸ならではの魅力です。

メカニカルキーボードは高額

メカニカルキーボードが気になるものの、買おうかなとお店に行くと高額なのに驚く人もいるかなと↓↓↓

しかし、この辺りの価格帯の商品はあくまでも「ゲーム向け」に開発されているものなので普段使いなら安くてOKかと。

他の軸色も気になったので、ビックカメラやヨドバシカメラを回ってさわりまくりました。

まぁ、やっぱり「青軸」だなと。

しかし、お店に並んでるキーボードは価格が高めのものばかりなのでamazonで探してみます。

LANGTU X1000 青軸 ゲーミングキーボード

【カチャ音が気持ちイイ】青軸キーボード「LANGTU K1000」オススメ-01

Amazonなら、安い青軸キーボードも色々あったのですが好み的に「白」がよかったのでLANGTU X1000 青軸 ゲーミングキーボードにしました↓↓↓

【カチャ音が気持ちイイ】青軸キーボード「LANGTU K1000」オススメ-02

「青軸、白、安い、10キー付き、Enterが大きい」となると、これ一択になりました。

お手入れセット付き↓↓↓

【カチャ音が気持ちイイ】青軸キーボード「LANGTU K1000」オススメ-07

耐久性・人間工学に基づいた設計

LANGTU X1000 青軸 ゲーミングキーボードは、約5000万回という高い耐久性を備えています。

小さいゴミ及び汚れに対する丈夫な構造により、耐水性に優れているのも魅力。

人間工学に基づき、キーに階段状の段差を持たせることで、より快適なタッチ操作することができて、疲労感を最小限に抑えてくれます。

本体がアルミ合金でできているので汚れにくいですが、ヒンヤリするので手前の左側のみカバーがついてます↓↓↓

【カチャ音が気持ちイイ】青軸キーボード「LANGTU K1000」オススメ-03

気になる人は、リストレストを買いましょう↓↓↓

仕事には不要なLEDバックライト

LANGTU X1000 青軸 ゲーミングキーボードは、キーボード全体にLEDのバックライトがついてます↓↓↓

【カチャ音が気持ちイイ】青軸キーボード「LANGTU K1000」オススメ-04

暗所で綺麗に光るのでカッコいいですが、暗い場所で仕事はしないので僕には不要ですね(汗

待機中の光るパターンがいくつかあって、キーボード操作で好みのパターンに変えられます。

これは「呼吸」というモードです↓↓↓

【カチャ音が気持ちイイ】青軸キーボード「LANGTU K1000」オススメ-05

仕事には不要です。

他に、操作中のバックライトのパターンも色々選べます↓↓↓

仕事には不要ですが、男子なのでワクワクします。

サイドの装飾もカッコいい

【カチャ音が気持ちイイ】青軸キーボード「LANGTU K1000」オススメ-06

LANGTU X1000 青軸 ゲーミングキーボードは、細かいところまでデザインが凝っているのが人気のようです。

バックライトはON/OFFできるので、不要な人は消すことができます。

しかし、起動時は必ずONになるのでちょっと面倒ですね。

オフィス作業には不向き?青軸の感想

LANGTU X1000 青軸 ゲーミングキーボードをしばらく使ってみた感想です。

青軸キーボードということで、カチャカチャ音は心地よくタイピングが楽しいですね。

しかし、「しっかり押さなければいけない」ということで押し込み(ストローク)が少々面倒です。

今までがスリムタイプのキーボードだったので、慣れるまでちょっと苦労しそうですね。

それから、LANGTU X1000 青軸 ゲーミングキーボードは「USキーボード」です。

日本語表記が無いのがスッキリでいいのですが↓↓↓

【カチャ音が気持ちイイ】青軸キーボード「LANGTU K1000」オススメ-08

普段が日本語キーボード(JISキーボード)の人は、USキーボドに切り替える必要があります。

もしくは、JISキーボード設定のまま使い続けるかですね。

JISキーボードは、左上に「全角/半角」キーがあるものです。

JISキーボードとUSキーボードは、カッコなどの位置が微妙に異なります。

僕は、他の職場がほぼJISキーボードなのでJIS設定のまま使ってます。

それと、キーボードの角度が足を起こしても浅く感じる(ストロークしにくい)ので奥を高くしてます。

しばらく使ってみて、やはり使いにくい場合は一般的なキーボードに戻します。

「体験してみる」という意味では、LANGTU X1000 青軸 ゲーミングキーボードは4,380円なのでオススメかなと。

参考にしてみてください。

色は、シルバー/白とレッド/黒の2色です↓↓↓

参考にしてみてください。

Byさちお