どうも!さちおです。

「ミニ四駆」で「HONDA MONKEY(ホンダモンキー)」を作りたいなということで、4回目は「グリップのギミック」の制作工程です。

前回までの記事も合わせてご覧くださいませ。

前回までの「ミニヨンモキー」

フロント周りもミニ四駆パーツで制作、合体させ、ハンドル周りの制作、フロントライト(仮)をつけてシルエットが見えてきました↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.3-11
【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.3

「バイクらしい」ギミックを作ってみよう

まずは、ミニ四駆のターミナルからパーツを切り出します↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-01

「Ω」の形をした部品を作ります。

それを外径6mmプラパイプ(肉厚)にはめ込みます↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-02

長さは適当に、反対側をこのようにカットします↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-03

金具側に、さらに大きい直系のプラパイプで蓋をして、このパーツの準備はOK↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-04

このパーツはミニ四駆パーツでは無理でした。

固定パーツの制作

先ほどのパーツを固定するためのパーツを作ります。

「カーボン強化スライド・ワイドローラーステー」に付属してるこのパーツを加工します↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-05

ちょっとだけ爪が出ているような形です。

それに「アルミホイール用 ブッシュ」を差し込みます↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-06

これで固定パーツの準備がOK。

通電の仕組みを作る

次に、モーターと電池を経由したケーブルを、ハンドルバーを挟むように固定します↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-07

ハンドルバーにマルチテープを巻き、それを挟むように電極をつけ、それをまたマルチテープで固定します↓↓↓

ここはまだ不安定なので、また練り直したい思います。

グリップの固定

初めに作ったグレーのパーツはハメるだけ↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-08

固定パーツを瞬間接着剤で固定します↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-09

固定パーツの爪部分が、グレーパーツの凹み入るように固定します。

これでグリップ部分が前後に少しだけ動くようになります。

グリップが戻る仕組み

ここは苦戦しましたが、最終的に「ブレーキスポンジを挟む」のが良かったです↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-10

固定パーツの爪を挟むように貼り付けます↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-11

これでギミックの完成です。

イラストで説明

ちょっとわかりにくいと思うので、イラストを描いてみました↓↓↓

【工作】ミニ四駆でホンダ・モンキー(バイク)を作りたい vol.4-12

アームを中心に、左右に電極があります。

グリップ内側に固定したΩ型の金具で通電させます。

グリップを回すことで、通電のON/OFFが可能になります。

スポンジで、グリップを元の位置に戻します。

バイクのようなギミック動画

試行錯誤の末、どうにか理想の動きが出来るようになりました。

しかし、まだまだ不安定なので改良の余地があります。

どこを目指しているのかわからないのですが、とりあえず想像が形になるのは楽しいなと。

次回は外観の制作に入ります。

以上です。

Byさちお