【ニトリ】SEED壁の汚れ隠しアイボリーを買う前に!使い方と注意点00

ニトリで「SEED 壁の汚れ隠し」を購入したので、SEED 壁の汚れ隠しを「買う前に知っておいた方がいいこと」と使ってみて「失敗した時の補修の補修方法」を書きたいと思います。

SEED 壁の汚れ隠しとは?

SEED 壁の汚れ隠しは、修正テープのように「部屋の壁の汚れ」や「画鋲などの小さい穴」を”簡単に”補修・隠してくれる便利グッズです↓↓↓

修正テープ型なので使いやすい?

不意にInstagram(インスタグラム)広告で流れてきたこの「SEED 壁の汚れ隠し」ですが、ちょうど「壁の汚れを隠したいな」と思ってたので衝動買いしたんですね↓↓↓

【ニトリ】SEED壁の汚れ隠しアイボリーを買う前に!使い方と注意点01

見た目は「修正テープ」と同じですよね。

「壁紙にできたネジ穴・ピン穴・破れ・シミなどの小さな汚れをピタッと隠します」ということでどうかくしてくれるのかなと↓↓↓

【ニトリ】SEED壁の汚れ隠しアイボリーを買う前に!使い方と注意点02

思ってた結果とかなり違っていた

まずは、うちの部屋の「壁の穴」と「汚れを無理やり消そうとして失敗した跡」の状態↓↓↓

【ニトリ】SEED壁の汚れ隠しアイボリーを買う前に!使い方と注意点03

どちらも気になるのでどうにかしたいなと。

この上からSEED 壁の汚れ隠しをビッと重ねる↓↓↓

【ニトリ】SEED壁の汚れ隠しアイボリーを買う前に!使い方と注意点04

その上から指で抑えます↓↓↓

【ニトリ】SEED壁の汚れ隠しアイボリーを買う前に!使い方と注意点05

これで綺麗に隠せるはず↓↓↓

【ニトリ】SEED壁の汚れ隠しアイボリーを買う前に!使い方と注意点06

あれ?

これじゃ逆に目立っちゃうじゃないかと。

原因は「アイボリー」色の選び方

今回購入したのが「SEED 壁の汚れ隠し」の「アイボリー」。

この「色がうちの壁の色と合わなかった」んですね。

同シリーズで、他に「ホワイト」と「ライトアイボリー」があります。

この三色の中で一番暗い「アイボリー」でこの白さなんです。

つまり、SEED 壁の汚れ隠しを購入する前に「家の壁の色をチェックしておく必要がある」んですね。

「暗めだな」で「アイボリー」を購入しても合わないことがあるということです。

SEED 壁の汚れ隠しを失敗してしまった時

では、失敗してしまった時の補修方法です。

あくまでも「自己責任」で行ってください。

まずはセロハンテープで、汚れからはみ出した部分を剥ぎとります↓↓↓

【ニトリ】SEED壁の汚れ隠しアイボリーを買う前に!使い方と注意点07

これは頑張っても全部は取れませんでした。

いい感じにペタペタ剥ぎ取ります。

するとこうなります↓↓↓

【ニトリ】SEED壁の汚れ隠しアイボリーを買う前に!使い方と注意点08

そして、アクリル絵の具で暗い色を薄めに縦横に重ねてます↓↓↓

【ニトリ】SEED壁の汚れ隠しアイボリーを買う前に!使い方と注意点09

しっかり乾かしてから明るい色で縦横重ねていい感じにします。

すると↓↓↓

【ニトリ】SEED壁の汚れ隠しアイボリーを買う前に!使い方と注意点10

写真の中央あたりです。

遠目では気にならないくらいまで回復できました。

壁を塗ってしまうのはあまり良くないことなので、くれぐれも自己責任で行ってください。

こうなる前に、壁の汚れは「適切な落とし方」で落としましょう↓↓↓

以上です。

Byさちお