【おすすめ】眼精疲労に効果的な目薬「サンテメディカル10」の使い方

どうも!さちおです。

パソコンやスマホの見過ぎで疲れた目(眼精疲労)に効く「目薬(めぐすり)」と言えば、眼科で処方される目薬も作っている「参天製薬(Santen)」さんの有効成分最高濃度配合の「サンテメディカル10」がオススメですよという話は過去にもしてますが↓↓↓

【リピート購入】PC・スマホでの疲れ目に効果のある目薬ランキング

【リピート購入】PC・スマホでの疲れ目に効果のある目薬ランキング

他に良い目薬もあるんじゃないかと色々試した結果、やはり「サンテメディカル10」が一番自分に合ってるなということで再度オススメしようかなと。

そして、「サンテメディカル10」を安く買う方法も調べたのですが、やはり「Amazon.co.jpでまとめ買いをする」が一番安かったので再びまとめ購入↓↓↓

【おすすめ】眼精疲労に効果的な目薬「サンテメディカル10」の使い方

1本で買うよりまとめて買うほどお得になります。

ですが、僕が購入したときは5本買うより4本買った方が安かったんですよね。

よく見ると、商品を販売してる業者さんが異なっていました。

なので、購入する際は注意が必要です。

今日(1/7)現在は5本の方がお得になっていました。

と言うことで、「サンテメディカル10」の特徴を紹介↓↓↓

【おすすめ】眼精疲労に効果的な目薬「サンテメディカル10」の使い方

報技術が進化した社会では、目はますます酷使されています。そのような環境下では、目のピント調節機能は低下し、目の疲れ(眼疲労)が起こりやすくなります。サンテメディカル10は、眼疲労改善に効くビタミンB12とネオスチグミンメチル硫酸塩を中心に5つの成分を最大濃度配合(※)し、ピント調節筋と副交感神経に働いて衰えたピント調節機能を高めるとともに、目に栄養を補給して組織代謝機能を促進する眼疲労改善目薬です。みなさまの「ひとみ・すこやか」な生活にお役立て下さい。(※)一般用眼科用薬製造承認基準の最大濃度配合:ビタミンB12、ネオスチグミンメチル硫酸塩、タウリン、L-アスパラギン酸カリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩

有効成分の各説明は裏面に↓↓↓

【おすすめ】眼精疲労に効果的な目薬「サンテメディカル10」の使い方

〔成 分〕 ビタミンB12(シアノコバラミン)
〔分 量〕 0.02%
〔はたらき〕 毛様体筋のはたらきを活発にし、目の疲れを改善します。

〔成 分〕 ネオスチグミンメチル硫酸塩
〔分 量〕 0.005%
〔はたらき〕 ピント調節機能改善作用により、目の疲れなどを改善します。

〔成 分〕 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム
〔分 量〕 0.5%
〔はたらき〕 角膜を保護するとともに、涙の蒸発防止作用により目にうるおいを
与えます。

〔成 分〕 ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)
〔分 量〕 0.05%
〔はたらき〕 目の組織代謝を活発にします。

〔成 分〕 パンテノール
〔分 量〕 0.05%
〔はたらき〕 目の組織代謝を活発にします。

〔成 分〕 L-アスパラギン酸カリウム
〔分 量〕 0.5%
〔はたらき〕 目の組織呼吸を高めます。

〔成 分〕 タウリン
〔分 量〕 0.5%
〔はたらき〕 目の組織代謝を活発にします。

〔成 分〕 クロルフェニラミンマレイン酸塩
〔分 量〕 0.03%
〔はたらき〕 ヒスタミンの働きを抑え、目の炎症・目のかゆみを抑えます。

〔成 分〕 イプシロン-アミノカプロン酸
〔分 量〕 1.0%
〔はたらき〕 炎症の原因となる物質の産生を抑えます。

〔成 分〕 グリチルリチン酸二カリウム
〔分 量〕 0.1%
〔はたらき〕 目の炎症を抑えます。

〔成 分〕 硫酸亜鉛水和物
〔分 量〕 0.05%
〔はたらき〕 収れん作用により、目の炎症を抑えます。

〔成 分〕 塩酸テトラヒドロゾリン
〔分 量〕 0.03%
〔はたらき〕 結膜(白目の部分)の充血を抑えます。

添加物として、エデト酸ナトリウム水和物、クロロブタノール、ヒアルロン酸ナトリウム、ベンザルコニウム塩化物、ホウ酸、d-ボルネオール、l-メントール、等張化剤、pH調節剤を含有します。

12ml入りで↓↓↓

【おすすめ】眼精疲労に効果的な目薬「サンテメディカル10」の使い方

赤い液体です。

赤色の正体は、毛様体筋のはたらきを活発にし、目の疲れを改善する「シアノコバラミン(ビタミンB12)」だそうです。

僕はこれを、常に冷蔵庫に入れています。

「サンテメディカル10」には、「キターーーーー!!!」となる爽快成分が入っていないので、冷やしておくことで爽快感が得られます。

それが良いことなのか悪いことなのかは謎ですが、ダメとは書いてないので良いかなと。

そして、色んなパターンで使ってみたところ僕的に有効だと思たのが・・・

「寝る前もしくはお風呂上がり」

・・・です。

もちろん、疲れてる時に使うのは有効です。

それ以外で効果を十分に実感できるのは「寝る前もしくはお風呂上がり」かなと。

お風呂上りは体温も上がってるのでクールダウンにも良いのと、眠る前にある程度目の疲れをとっておかないと睡眠に影響するから。

お風呂から睡眠までが短い場合はお風呂上がりのタイミングだけでいいと思いますが、間が空き過ぎる場合は寝る前にも目薬をさすと目を閉じている間により浸透します。

(多分)

この夜の「ひとさし」があると無いとでは、毎日蓄積される眼精疲労の量が全然ちがうのでオススメです。

ちなみに「朝起きたて」も有効そうに思いますが、あまり効果が無いのが分かったのでオススメしません。

朝起きたては、眼球の水分が減っていてより吸収されると思いきや、逆に効果がキツ過ぎるのと目の疲れはほとんど残ってないので良くないです。

朝にさす目薬なら、「装着液」タイプの目薬が良いです↓↓↓

【水道水なの!?】朝コンタクトを入れる前に「装着液」で水分補給

【水道水なの!?】朝コンタクトを入れる前に「装着液」で水分補給2017年8月16日 ブログ

つまりは「効果の優しい目薬」なのですが、「ロートCキューブプラスダブルフィット」なら普通に目薬としても使える上に、コンタクトレンズをつける前の「装着液」としても使えるので優秀です。

朝起きて、顔を洗ってすぐにコンタクトレンズをつけるときは、眼球の水分が少ないのでゴロゴロしやすいです。

この「定着液」があると「ゴロゴロしにくい」というわけですね。

朝がバタバタしちゃいがちの人には特にオススメです☆

参考にしてみて下さい。

以上です!

Byさちお

この後に読まれてる記事は?