【牛肉300g1000円!?】コスパ最強「ステーキマックス」感想-中野店-00

どうも!さちおです。

安くて美味しい「お肉」をがっつり食べたいなら、牛ステーキが”300g1,000円”の「STEAK MAX(ステーキマックス)」はいかがでしょう?

「ふらんす亭」跡地に次々とオープンしてるステーキ専門店の味をチェックしてきたのでレポートです。

STEAK MAX(ステーキマックス)とは?

「STEAK MAX(ステーキマックス)」とは、2019年10月にオープンしたステーキ専門店です。

10月に江古田、11月に新宿、12月に中野、2020年3月に秋葉原にと続々とオープンしています。

どうやらSTEAK MAX(ステーキマックス)は、ステーキと焙煎カレーで有名な「ふらんす亭」の新形態のようです。

調べて行くと「破産」や「譲渡」などの言葉があり、今までふらんす亭だった店舗をステーキマックスとしてリニューアルオープンしているようです。

その目玉として「300g1000円」というメニューを打ち出しています。

ステーキマックス中野北口店

【牛肉300g1000円!?】コスパ最強「ステーキマックス」感想-中野店-01

事情はさておき、気になるのはやはり「味」でしょう。

基本メニューは店舗共通のようなので、散歩がてらステーキマックス中野北口店に行ってみました。

中野北口店は、駅から中野ブロードウェイに向かう「サンモール」に入ってすぐの右手にあります。

マツキヨ、リンガーハットを目印に探してみてください。

ここにも以前はふらんす亭がありました。

ステーキマックスのメニュー

【牛肉300g1000円!?】コスパ最強「ステーキマックス」感想-中野店-02

ランチタイムのメニューです。

ハンバーグランチ、カレーランチ、ステーキランチとステーキ+ハンバーグのコンビランチがあります↓↓↓

【牛肉300g1000円!?】コスパ最強「ステーキマックス」感想-中野店-03

ふらんす亭が無くなっても、ふらんす亭のカレーはここで食べることができます。

ステーキ全品にライスとスープ、そして「唐揚げ」がついてきます。

「唐揚げ」!?

野菜が欲しい場合は、単品でサラダを追加しましょう。

900gでも3,000円という破格

【牛肉300g1000円!?】コスパ最強「ステーキマックス」感想-中野店-04

まず気になるのがこのメニュー「がっつりSTEAK」でしょう。

牛肉300gで1000円という破格のステーキです。

量を増やすほどお得になるわけではないですが、900g頼んでも3000円というのが凄いですよね。

900gのお肉は食べたことないですが、死ぬほど肉が食べたい時には打って付けですね。

今回は初回ということで、名物の「がっつりSTEAK 300g」を注文してみます。

MAX名物「がっつりSTEAK 300g」

【牛肉300g1000円!?】コスパ最強「ステーキマックス」感想-中野店-05

トッピングの唐揚げも気になりますが、まず気になったのが「お肉」です。

写真では牛っぽく見えますが、実際はもっと白っぽく一瞬「鳥肉」に見えてしまいました。

どこの部位なのかわからないですが「牛ステーキ」という見た目ではないのに驚きました。

添えられた唐揚げの影響で余計に鶏肉っぽくみえてしまうのでしょう。

まぁ、重要なのは「味」なので問題無いです。

牛肉300gでなかなかのボリュームですが、そこに唐揚げ2個でさらにカロリーアップです。

サラダを注文しておいてよかったなと。

コンロタイプのステーキプレート

【牛肉300g1000円!?】コスパ最強「ステーキマックス」感想-中野店-06

ステーキマックスのステーキプレートはコンロのようになっています。

レア状態で到着して、鉄板の「予熱」ではなく「加熱」で好きな焼き具合に調整します。

その理由はすぐに判明します。

良い焼き具合になったら、この器具で火を消します↓↓↓

【牛肉300g1000円!?】コスパ最強「ステーキマックス」感想-中野店-07

ちょっと気になることがあったので、少し強めに焼いてみました↓↓↓

【牛肉300g1000円!?】コスパ最強「ステーキマックス」感想-中野店-08

焼き具合はこれくらいが正解だと思います。

実際に食べてみた感想

【牛肉300g1000円!?】コスパ最強「ステーキマックス」感想-中野店-09

STEAK MAXの名物ステーキ「がっつりSTEAK」を食べてみました。

まずは、ソース無しでの純粋な肉の味(素材)。

肉の味は正直「美味しくない」ので、ソース無しで食べることは難しいでしょう。

そして、そのソースも濃いので付けすぎると良くないし、つけなすぎるのも良くないと。

それより問題なのは「肉の固さ」。

レアでは噛み切れない固さなのか、表面に細かい切れ込がギッシリと入れられています。

なので、焼き具合を強めにしたのは正解でした。

コンロタイプで出てきたのは、演出ではなく厨房での時短とテーブルでも火を通すためかなと。

そして、脂身はついていないものの全体からあふれ出る脂の量。

食べ進める程つらくなっていきます。

これを300g食べて、さらに唐揚げを食べるのは若くないと無理だなと。

300g 1,000円の謎を考える

食べてみてわかったのですが、名物ステーキ「がっつりSTEAK」が300gで1,000円な理由は単純に「原価が安い肉だから」でしょう。

イメージ的に「ふらんす亭時代に見つけた最安のお肉を大量購入して冷凍保存して安く出してる」という感じかなと。

もしかしたら大量に余りすぎた在庫を格安処分してるだけかもしれません。

そう考えると早めに食した方がお得ですね。

肉のクオリティ的にはサイゼリアに近いので、サイゼリアのステーキが好きな人なら満足できる味だと思います。

僕なら、あと600円くらい出して「いきなりステーキ」のワイルドステーキ(ランチ)を食べるかな。

「安いステーキは必ず後悔する」と言いますから、ステーキマックスの味を知りたいならリブステーキから食べてみることをオススメします。

タンパク質を脂質を安く摂りたい人ならがっつりステーキですね。

参考にしてみてください。

Byさちお

<店舗情報>
ステーキマックス 中野北口店
03-5318-5885
東京都中野区中野5-61-6 サンモール富士ビル 2F
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13243303/