【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

どうも!さちおです。

タカラトミーから発売中の、アメリカ生まれのシューティングトイ『Nerf(ナーフ)』を持っている人なら気になってるAmazonで売ってる互換商品…つまり「偽物」を買ってみたのでレビューです。

ダーツ100本で1,087円は安い

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

価格面から、やはり節約できるところは節約したいので気になっている人は多いと思います。

なので、今回はその互換商品の中から気になるこちらを購入してみました↓↓↓

※売り切れ

まずは、弾は沢山あっても困らないので100本セットを購入。

通常のナーフの弾/ダーツは、30本で500〜700円くらいです↓↓↓

それが、100本で1087円だからお得だねと。

正規品と比較してみよう

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

互換商品は、偽物だけど見た目はそっくり。

しかも、最近登場した先端がスクリュータイプになった新型と同じ形です↓↓↓

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

このタイプだと、12本で500〜700円なので断然お得です。

正規品と比べると↓↓↓

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

やはり大きさが若干異なります。

長さが約1mmくらい短いですね↓↓↓

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

太さはほぼ同じですが、安いので始めから変形しているものもあります↓↓↓

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

材質も、純正と比べると少しだけ固い印象です↓↓↓

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

ほんの少しです。

シリンダーに軽く差し込んだときは純正より奥に入りますが、奥まで差し込む時は純正よりちょっとだけ力がいります↓↓↓

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

ちょっとだけです。

撃ってみたところ、互換商品の方がキツめだからか飛びが良いです。

純正より、高くと奥に飛びます。

良いんじゃないかと。

互換ターゲットも買ってみた

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

こちらは互換商品というか、雰囲気を模した商品ですね↓↓↓

本体の赤い部分は、ナーフの弾の本体部分と同じような柔らかい素材で、上下に固めのスポンジ↓↓↓

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

的にしては小さいですが、雰囲気は出るので良いんじゃないかと↓↓↓

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

こっちは、6個で999円です。

紙コップなどで作るのも良いですが、「ナーフっぽい」的も良いんじゃないかと思います。

本体が柔らかいので、気持ちよく吹っ飛んで行きます。

こっちも良いんじゃないかと。

弾の管理方法

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

手元の弾/ダーツが潤いました。

ナーフは楽しいのですが、弾の回収が面倒なので手元に沢山あると楽しさが増します。

変形してしまうと飛ばなくなるので、予備は多いに越したことは無いと思います。

僕の場合、弾の管理は300円ショップで購入したツールボックスです↓↓↓

【Nerf/ナーフ】Amazonの互換商品(偽物)ってどうなの?買ってみた。

こちらをカスタムしたのがこちら↓↓↓

【NERF/ナーフ】300円ショップグッズで収納ボックスを作る方法-00
【NERF/ナーフ】300円ショップグッズで収納ボックスを作る方法

ぜひ参考にしてみてくだい。

互換製品にも色々あるよ

Nerf互換製品には色々あります。

こちらからチェックしてみてください↓↓↓

その他のNerf互換商品

尚、これらは互換商品なので、純正品以外が原因での故障は保証外になると思います。

くれぐれも自己責任で遊んでください。

以上です。

Byさちお