【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

スニーカーから靴下を見せたくないとき、ユニクロさんのベリーショートソックスだと良い感じに隠れてくれるのですが、足の甲の部分が大きく出る『ローファー』を履くと靴下がはみ出るという問題。

ローファーソックスに出会うまで

3年ほど前に、その壁にぶち当たりまして。

当時は、我慢して素足で履いたり、女性ものを履いたりと試行錯誤。

後に、ABCマートさんのローファーソックスがスッポリ隠れることを知るのであった。

2014年、ユニクロソックスがローファー対応に

しかし、あれやこれやと問題が出てしっくり行かないまま2014年。

なんと、ユニクロさんのベリーショートソックスの新モデルが、ようやくベストな形になってくれたんですね。

従来のベリーショートソックスとの違い

と言うわけで、それらの靴下を写真で説明。

まずは、去年までのユニクロさんのベリーショートソックスがこのサイズ↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

甲が5cmくらい開きかな?

お気に入りのPATRICスニーカーを履くと↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

ちょうど隠れて良い感じなのですが。。。

BALLYのローファーを履いてみると↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

こんな状態になるんですね↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

ショックだなと。

例えば、靴下の色を変えてみてもスッキリせずです。

ABCマートローファーソックス

そこで見つけたABCマートさんのローファーソックスがこちら↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

足の指の部分を覆うだけのサイズなので、足の甲は12~13cmくらい出ます。

なのでローファーを履いても綺麗に隠れてくれると↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

しかし、歩いている途中でかなりの高確率で脱げてしまうという問題↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

かかとの部分に『滑り止め』は付いてるのですが、100%脱げます。

なので、諦めて指先だけで使ってたんですよね。

そこに救世主が登場

そして、今年のユニクロさんのベリーショートソックス↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

もちろん、かかとの部分には十分な『滑り止め』がついてます↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

滑り止めがさらに強化された印象。

履くとこの位置になります↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

足の甲の部分は8~9cmくらい開き。

ローファーを履いてみると↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

おおっ!!

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

ちょうど隠れて、しかも1日使っても1度も脱げないという進化。

素晴らしいですね。

今まで靴擦れしていた部分も綺麗にガードしてくれるので心配なしです。

感動です。

3種類の長さの比較

ちなみに、3種を重ねて履くとこうなります↓↓↓

【ユニクロ靴下】ベリーショートソックスがローファーサイズになりMAX

何気に、均等な幅で面白いですね。

ユニクロ ベリーショートソックスの価格

お値段は3点で943円+消費税なので、まとめ買い確定です。

どうやら『DRY』の素材ではないですが、今後改良されていくのかなと。

カラーは、黒、グレー他。

今年は白は無いです。

ユニクロさんのベリーショートソックスは、毎年後半は売り切れてしまいます。

夏が来る前に買いだめしようと思います。

以上です。

Byさちお

参考:ユニクロ ソックス メンズページ